ホーム > 特集 > お手紙カフェ紹介 > お手紙カフェ紹介「スタンダードブックストア」

特集

お手紙カフェ紹介「スタンダードブックストア」

手紙を書くのにぴったりの空間を提供してくれる「お手紙カフェ」。そこでは、心を落ち着かせて、相手の顔を思い浮かべながらゆっくりと思いを綴ることができます。

今回おじゃましたのは、大阪・心斎橋のアメリカ村にある、ちょっぴりユニークな本屋「STANDARD BOOKSTORE」。他ではあまり見かけない変わった本や雑誌、めずらしい雑貨が並ぶ店内の地下一階に、雑貨店併設のカフェとしてはめずらしいくらいに広々とした、解放感あるカフェがあります。
「あの人に贈りたい」という気持ちがふつふつとわいてくるようなカードがいっぱいのこのお店では、“誰かにメッセージを書くこと”がとても自然に感じられます。その奥には、“手書きの手紙”が醸しだすあたたかみの秘密が隠れていました。

大人が楽しめるカフェ

「他のお店では見かけないものを見つける楽しさがあります」と話してくれたのは、専務の中川さん。
「近くにデザイン系の学校があることもあり、デザインに興味のあるお客様が多く来店されるので、他店では見かけないような、ちょっと変わった文具や雑貨を取扱っています。大阪という土地柄もあって、個性的なものが好まれます」。
店内に所狭しと並ぶユニークな雑貨は、プレゼントとして人気です。「プレゼントにメッセージを添えたい方も多いので、カード類も、メッセージを書きやすいもの、書きたくなるようなものを意識して選んでいます」。

広々とした空間で、自由に過ごす

地下一階の広々としたカフェスペースでは、本を読んだり、カードを書いたりと思い思いに過ごすことが出来ます。お店でカードやプレゼントを買い、カードにメッセージを書いて一緒に包んでもらうこともできるとか。

「周りを気にせずにひとりで集中できるよう、それぞれの席を詰めずに広々とスペースをとっています。カウンター席が特に人気です」。

しかも、このカフェでは購入前の雑誌を持ち込んで試し読みをすることもできるそうです。「気に入らなければカフェ内の本棚に戻していただければOK。立ち読みと感覚は一緒です。アメリカの本屋にはよくあるスタンスです」。

 

「学生さんを中心に、さまざまな方がのりや紙を広げて、熱心に工作されています。最近ではマスキングテープが大人気で、店内中央の大きなテーブルでオリジナルのカードを作っている人もいます。手作りしやすいマスキングテープのブームで、手紙文化にもいろいろと面白い影響があるのではないでしょうか?」

 

“贈りたい”気持ちがわいてくるカード

イラストレーターやクリエーターが直接作品を持ち込むことも多いという「STANDARD BOOKSTORE」には、世界各国の人の顔を描いたポストカードや、キュートでポップな色遣いのカードなど、個性的なものがいっぱい。
「面白いカードを見つけたとき、このカードを相手に見せてあげたいという、単純な“贈りたい”という気持ちが生まれます。そんな気持ちになるようなカードを集めました」。
中川さんのお話どおり、お店に並ぶカードを見ていると、「あ、この柄はあの人が好きそうだな」と、いろいろな人の顔が浮かんできました。

ステキなレターセットやカードを見つけたときのワクワク感そのままに、誰かに手紙を送る・・・手紙は、贈る側が楽しむ気持ちを持っていることがとても大切です。そしてその気持ちこそが、「手書きの手紙」の持つあたたかみの正体なのかもしれません。

店舗情報

STANDARD BOOKSTORE
住所:〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-2-12 クリスタグランドビル1F BF
TEL:06-6484-2239
URL:http://www.standardbookstore.com/
営業日・営業時間:月~土 11:00~22:30 日・祝日 11:00~22:00

※本ページの内容は、取材当時のものです

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 7人中7人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP