ホーム > 一筆箋の使い方(書いてみよう!)

一筆箋の使い方

ちょっとした贈り物や取引先の会社から資料が送られてきたときに、中を開けてみると、やわらかな風合いの一筆箋でひと言「いつもお世話になり、ありがとうございます」とあったらどんな気持ちになるでしょう。
きっと、それを見た瞬間「うれしいなぁ」「ありがたいなぁ」などと感じて、相手に対してもっと信頼する気持ちが生まれるのでは。
それがほんの数行でも、手書きの文字にはただ「手書きである」というだけで、すでに価値があります。長文を書く必要はありません。ほんのひと言だけ書き添えるだけでOK。そのわずかな「ひと手間」が、喜びや感謝の気持ちとなって、あなた自身に返ってくるのです。
贈り物やちょっとしたお礼に一筆箋を添えてみましょう。

【くらしの文例】

・贈りものに添える一筆箋
・お見舞いの品に添える一筆箋(親戚へ)

【仕事の文例】

・お見舞いの品に添える一筆箋(職場の先輩へ)
・お見舞いの品に添える一筆箋(取引先の方へ)
・ご購入商品の送付に添える一筆箋(お客様へ)
・贈り物(お歳暮)に添える一筆箋(取引先へ)
・商品サンプルの送付に添える一筆箋(取引先へ)
・アドバイスをいただいたお礼の一筆箋(職場の先輩へ)
・資料送付に添える一筆箋(資料請求された方へ)
・発送が遅くなった商品に添える一筆箋(お客さまへ)
・請求書に添える一筆箋(取引先の方へ)
・ご購入商品の送付に添える一筆箋(ご新規のお客様へ)


・一筆箋の使い方(目次)
・一筆箋とは? (一筆箋の種類)
・一筆箋はどんなときに使うの?
・一筆箋の書き方の基本
・一筆箋に書いてみよう!

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 621人中550人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP