« ダイアリー発売 | メイン | トラベラーズタイムズ »

革の話

 

革の専門商社へ行く機会がありました。

いろいろな革を見せていただきましたが、個人的にいいなあと思う革は、

タンニンでなめして、染料で染めた革でした。

 

少し専門的な話になりますが、革には、植物性のタンニンなめしの革と、

薬品を使ったクロムなめしがあります。

また、革に色をつける工程には、革自体に色を染み込ませる染料で染める

方法と、表面に塗装するように顔料をふく方法があります。

トラベラーズノートの革は、この商社の商品ではありませんが、

タンニンなめした染料染めの革です。

 

商社の方が言った言葉が印象的でした。

 

「タンニンでなめして、染料で染めた革は様々なデメリットがあります。

革1枚ごとに色ムラがあったり、革のシワや血筋が目立ちます。

使っていても傷がつきやすかったりします。

また、一般的に同じレベルの他の革に比べて、価格が高く、納期もかかり、

縫製などの加工もしにくいことが多いです。

その一方で、メリットは、その風合いと使っているうちに味が出る、

という点です。

しかし、これは、すべてのデメリット以上に大きな魅力だと思います。」

 

その方は革のプロである以前に、本当に革が好きなんだなあ、ということが

伝わってきました。

 

*値段や品質の件は、あくまでも一般的な話です。

例えば、エルメスやヴィトンは、顔料で色付けした革も使用していますが、

それらは、色の深みや風合いにこだわって厳選された高品質の革です。

 

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。