« コースターとパスポートカバー | メイン | ポスト »

トラベラーズガイド2

 

トラベラーズガイドの写真の続きです。

前に紹介した2点のほかにあと2点、表紙の写真があります。

 

トラベラーズノート ガイド 

前回の2点は私が撮影したのですが、上の2点はデザインフィルのスタッフ

でトラベラーズ・写真担当のヨシオカが撮影しました。

彼女は、長期の休みになると主に東南アジア方面にトラベラーズノートを手

に旅する現役バックパッカーです。

旅に出るたびに、なかなか味わい深いトラベラーズ写真を撮ってきてくれる

ので、様々なところに彼女の写真を使っています。

(去年のダイアリーガイドでも彼女の写真を使っています。)

 

右は、スリランカ、コロンボで撮影しています。

ゴールロードに沿って海岸線を走る電車です。

電車が走っていないときの線路は、子供や暇な大人達のたまり場にもなって

いて写真をとっていると人だかりができてしまったそうです。

 

左の象の写真は、カンボジア、シェムリアップのプノム・バケンで撮影して

ます。シェムリアップは、世界遺産の遺跡アンコールワット観光の拠点に

なっている町。

そのアンコールワットやカンボジアの樹海が見渡せる山がプノム・バケン。

そこで、観光客用を乗せるための象に、象使いが乗っているところを写しま

した。

カンボジアやタイでは、象がしっかり乗り物として活躍していたりします。

 

ということで、気付きましたでしょうか?

4種類すべて乗り物がモチーフになっていました。

香港の船、フランクフルトの飛行機、スリランカの電車、そして、カンボジア

の象です。旅に乗り物は欠かせません。

 

ちなみにヨシオカは社員なのに、

旅先のスリランカからポストカードキャンペーンに応募してきました。

スリランカから送ってくるというインパクトで、社員なのに当選させてしまい

ました・・・。(はずれた方申し訳ありません!)


コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。