« 第3回流山そうじ | メイン | TRAVELER'S cafeで流れていた音楽 »

TRAVELER'S cafe OPEN!

 

 

 

流山の片隅に、一日だけのカフェ

TRAVELER'S cafeが再びオープン。

今回は、本気です。

 

コーヒーは四国のaalto coffeeより仕入れました。

38river(会社のスタッフ)の手作りスイーツ、

84book(会社のデザイナー)によるメニュー表やパッケージ、

そして、みんなで作ったインテリア。

 

コーヒーの香りに包まれながら

黒革のソファに腰をうずめると、

古壁に貼っては剥がされた異国のチラシが見にとまる。

使い込まれた古い木の棚に置かれている本や

アンティークな旅の道具たちが旅情と郷愁を誘います。

BGMは、初期のボブ・ディランやトム・ウェイツ。

メロウな歌声が切なく心に響いてくる。

男のロマンチシズムを感じさせてくれる場所。

 

まるで、遠くから来た旅人を心地よく迎えてくれる

どこかの異国の路地裏で偶然見つけた素敵なカフェ。

 

ギターでロバートジョンソンのブルースをつま弾く人。

煙草を吹かしながら、ロバートフランクの写真集を眺める人。

ローソクの灯りに向かい合いながら、静かに会話をたのしむ男女。

小さい子供と女性は2人で絵を描いている。

それぞれが、それぞれの心地よい時間を過ごしている。

でも、みんな旅人。旅が好き。

旅するように生きている人々。

 

さらに、今回はトラベラーズセレクトの

プロダクトコーナーも設置。

ここにあるモノたちは、旅人気分を忘れずに日々を

過ごすために、いつも手に持っていたい道具たち。

素敵なポストカードを見つけた。

久しぶりに友人にハガキでも書いてみようかな。

 

忙しさで自分を見失いそうになった時、

勇気が足りず踏みとどまってしまいそうな時、

大切な何かを失って心が打ち砕かれそうな時、

ここは旅を愛するすべての人々を

あたたかく迎えてくれます。

だって、僕らはトラベラーです。

トラベラーはいつもポジティブでクリエティブ。

それさえ思い出せれば大丈夫。

失われかけた夢が、目の前に現れてくるはずです。

 

そして、このカフェを出る頃には、

新しい旅を始めるような気持ちになっています。

 

 

こんなカフェあったら行きたいでしょ?

私は行きたいです。

 

 
 
 

コメント (4)

Is it for real? A true traveler's cafe opened? Congratulations!!! If I can be there in July, I'll certainly visit.

はじめまして。
いつも楽しみに拝見させて頂いています。

それにしてもとっても素敵なカフェ!
誰にも教えたくないとっておきのカフェ…といった感じですね。
1日限定なんてもったいないです。

スパイラルの展示とこのカフェをセットにして名古屋にも来てほしいです…。

Sakura:

Sakuraです。

東京にオープンしてください。
トラベラーズノート愛用者たちが集って、自慢のノートを見せ合ったり、旅の話しをしたり。。。

コーヒーを片手に。。

そんな日を、夢見ています。

飯島さん、ぜひ、ご検討を!

iijima:

Hi Patrick,
It's only one day cafe at our factory. So, it was already closed. But we want to open a real cafe in the future!

tennさま、はじめまして!
ありがとうございます。自分で言うのもなんですが、おっしゃるように素敵なカフェでした(笑)。
カフェ&展示で日本全国を旅行脚するなんて、いいですね!実現できるようにがんばります。
また、素敵なブログでトラベラーズノートを紹介していただきありがとうございます。

Sakuraさま、コメントありがとうございます。
そうなんです。ずっとこんなカフェが出来たらな〜なんて考えて日々過ごしています。
実現するには、まだまだ越えなければならないことがたくさんありますが、
いつか出来るように目論んでいます。
ほんとうにこんなカフェあったらいいですよね!

コメントを投稿

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。