« トラベラーズノート8周年 | メイン | 怠け者には旅を »

余白と想像力

20140317a.jpg

ぼくらがモノ作りをするときに、大事にして
いることのひとつに、余白感のようなものが
あります。
使い方やモノ自体の存在価値を作り手側で
すべて決めつけずに、使う人によって自由に
アレンジできる余白が感じられるような
プロダクトでありたいと考えています。
その分、説明不足で分かりずらく感じることも
あるかもしれませんが、それより手にした方の
想像力で使い方がさらに広がっていくことに
より大きな魅力を感じるのです。

そもそもトラベラーズノートだって、最初に
製品化した後から、どんどん新しい使い方が
ひろがり、たくさんのユーザーの方々が独自の
アイデアで考えた面白い使い方を教えてくれま
した。
そんな自由な余白があることがトラベラーズ
ノートの魅力のひとつだと考えています。

例えば、今回リリースしたトラベラーズノート
リフィルのフィルムポケットシール。
これは、トラベラーズノートの中紙にぴったり
収まるカードサイズのポケットになるシールで
1ページに最大3ポケット貼ることができます。

サンプルができてから、このポケットに真四角
のサイズ(89×89mm)でプリントした写真が
リフィル1ページに2枚ずつ収納できることに
気付きました。
早速、スタッフがiPhoneの中にたまっていた
instagramの写真をプリントして、アルバムを
作ってみたら、これがとても楽しい!
iPhoneの「5円プリント」というAPPを使えば
真四角サイズなら1枚8円で簡単にプリントの
サービスを注文できます。
100枚プリントしても800円。
ポケットシールなら好きなページに貼れるので、
手書きページと写真ページを組み合わせること
もできます。
今では、この真四角プリントがトラベラーズ
チーム内でちょっとしたブームになっています。

さらに、その写真にアルファベットナンバー
シールを貼っても似合います。ノートの中だけ
でなく、壁にも飾りたくなるようなオリジナル
デザインのカードになりました。

15日にはトラベラーズファクトリーで
アルファベットナンバーシールとロールシール
のミルクキャップ柄を使ってオリジナルのカン
バッジを作るイベントを行いましたが、もちろん
どちらのシールもカンバッジにあわせて作った
わけではありません。製品ができあがってから
デザイナーのハシモトがこんな風にバッジに
使ったら楽しいとベースを作って考えました。

ぼくは最近、仕事でちょっとした書類や伝票を
送るときには、トラベラーズノートの新しい
付せん紙を一筆箋のように使ったり、やること
リストを書いて下敷きに貼ったりしています。
さらに、付せんはもっと面白い使い方ができ
そうな気がしています。

ここで書いたのも、きっとその使い方のほんの
一部で、たくさんの方々の想像力でもっと面白い
使い方が発見され、さらに共有されるはずで、
今から楽しみです。
これは!という使い方が見つかった方、ぜひ、
こちらの「みんなのカスタマイズ」まで投稿
してください!

みんなの投稿
トラベラーズファクトリーオンラインショップ


20140317b.jpg

20140317c.jpg

20140317d.jpg

20140317e.jpg

コメント (3)

hiro:

お店で 写真のアルバムみせていただきました。何気ないノートが思い出のつまったアルバムに変身しておりとても素敵でした。是非真似てみたいです。想像力というのが乏しいためいろいろアイデアをまねたいです。

Hide:

こんなご時世だから余白を大事にしたいと思います。
何事も無駄と余白の境目が曖昧にならないようにしないとと思います。
これからも " 余白の魅力 " を保ち続けていただきたいです(笑)。
大変遅ればせながら祝八周年。

iijima:

hiroさんへ、ありがとうございます。あの写真はオープン以来ずっと撮りためてきたものなので、私自身も眺めながら思わずジーンときてしまいました。やっぱり紙っていいですね。きっとマネをしていると思っていても出来上がったものはhiroさんらしいものになっていると思います。

Hideさんへ、ありがとうございます!皆さんに支えられて迎えることができた8周年です。これからもよろしくお願いします!

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。