« New Single & New Album | メイン | 5周年の頃 »

1周年の頃

20160208.jpg


トラベラーズノートが発売されて、
もうすぐ1年になる頃。
次の商品ラインアップを企画していて、
ジッパーケースや名刺ファイル、リペアキット、
両面シールなどのリフィルを作ることは決まった。
それらは、トラベラーズノートらしい、ノートの
新しい使い方を広げてくれたリフィルだし、
今も続いているとても重要なラインアップでは
あるんだけど、それだけでは真面目すぎて、
どこか物足りなさを感じていた。
もうちょっと遊び心のあるものも欲しいなあと、
デザイナーの橋本と話していた。

ちょうどその頃、僕らはニュースペーパーを模した
フリーペーパー、トラベラーズタイムズを作ったり、
社内展示会のお土産にトラベラーズカフェのロゴを
入れたコーヒーを配ったりして、トラベラーズ的な
何かを妄想して形にすることに面白さを感じていた。

その感覚は、お店屋さんごっこのような遊びと
似ているのかもしれないけど、橋本がトラベラーズ
カフェのロゴをデザインし、カラー出力した紙を
切ったり、貼ったりして、看板やショップカード、
マグなどを作ってしまうと、ほんとうにカフェが
できてしまうようで楽しかった。

その感覚をひとつの形にしたいと考えて、作った
のが、トラベラーズポスト、トラベラーズカフェ、
トラベラーズエアーの3つをテーマにデザインした
1周年記念の限定リフィルだった。

それぞれ細かい設定をしていて、例えば、
トラベラーズポストは、どこにあるのかは誰も
知らない異国の郵便局。
ひとりで旅をしていると、そのポストマンに
出会うという噂が旅人の間で密かに語られている。
その噂によると、ポストマンに手紙を託すと、
時間も空間も飛び越えて一番必要な時に、必要な
人に届けてくれるらしい。
そして、それは未来の自分だったり、出会う前の
恋人なのかもしれない......。

そんな空想の物語で作られた設定をもとに橋本が
デザインしたロゴや切手、ラベルなどのシールと、
ノートリフィルのセットになっている。

トラベラーズエアーやトラベラーズカフェも
同じで、それらは今もトラベラーズファクトリー
のプロダクトや空間のイメージのもとになって
いたりする。

こうやってあらためて思い返してみると、
僕らのやってることは、あの頃と比べてぜんぜん
進歩していないなあ。
まあ、ぶれてないっていう言うこともできるかも
しれないけどね。


コメント (2)

Hide:

懐かしいですね〜。
探したらその三種類のシールだけ綺麗に取ってありました(笑)。
当時それぞれリフィルとセットでしたっけ?
しばらく眺めます(笑)。

匿名:

Hideさん、ありがとうございます。そうです。オリジナルデザインの表紙のリフィルとセットになっていました。あれから9年です。早いですね。
あ、今日、Hideさんのトラベラーズストーリーの記念すべき100作目、掲載させていただきました。いや〜素晴らしい。またゆっくり読ませていただきます。そしてこれからも楽しみにしています。
皆様もぜひ!
https://www.midori-japan.co.jp/post/TRAVELERS/cv/2503672ae006

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。