« トラベラーズブレンドとマンデリン | メイン | Rock 'n' Roll High School »

コーヒーと日本酒

20190203a.jpg


「今度のイベントは、
にほん酒やさんと一緒にやりましょう」
アアルトコーヒーの庄野さんからそんな話を
いただいた時、正直どんな感じになるのか
うまくイメージできなかった。

お酒に強くない僕は、日本酒を飲むと
たった一杯で軽くレッドゾーンを超えてしまうから
たまに飲む機会があっても、まさに舐める程度で
止めるのを常としている。
だから、その楽しみ方は分からないけど、
それでもコーヒーと日本酒を一緒に楽しむという
ことが、あまり普通ではないことは分かる。
「お客さんは来てくれるのかな」と漠然とした
不安を抱えながら、イベントの日を迎えた。

吉祥寺のにほん酒やの店主の高谷さんは
今回イベントのために、出雲の小さな酒蔵のお酒、
十旭日のお冷用とお燗用の2種類、そして、
美味しいおでんをご用意してくれた。

オープンして間も無く、最初に2階に足を運んで
くれた近所に住むお客様は、
「急用が入って、ゆっくり食べられないから
持ち帰りでお願いします」とおでんをオーダー
してくれた。
高谷さんがおでんを温めてタッパに入れる間、
「やっぱりせっかくだからお燗で一杯お願い」と
日本酒もオーダーし、ささっと飲み干してしまうと
「おいしい」とひとこと言って、歩いて帰って
いった。


「粋だなあ」日本酒を飲めない僕には、
その一連の行動がかっこよく見えて、そんな風に
お酒を飲めるのをとても羨ましく思った。

次に来てくれたお客様は、
「まずはお冷とおでんね、それにこのカレーパンも
食べたかったんだよね」
とおでんとカレーパンをつまみながらお酒を飲み、
続いてお燗でゆっくりと味わった後、
最後にトラベラーズブレンドを飲んで、とても満足
された様子で帰っていった。

その後、にほん酒やさんの常連の方に、
アアルトコーヒーのファンの方、そして、
トラベラーズノートを使ってくれている方々が
次々と足を運んでくれて、夕方までたくさんの
賑わった。

この日は、天気もよくてトラベラーズファクトリー
の2階は、窓から太陽の光が明るく差し込んできて
ぽかぽかした陽気に包まれていた。
そんな中でみんな穏やかな表情でお酒を飲んだり、
コーヒーを飲んだりする。
例えば、休日の昼下がりに、気心の知れた仲間が
誰かの家に集まって行われるパーティーのような
終始とても和やかでリラックスした、温かな
イベントになった。

庄野さんも、コーヒーを淹れる合間にお酒を
口にしているし、トラベラーズチームのお酒好き
イシイはイベント終盤に痛風だから一杯だけと
言いながらやっぱり飲んでいた。
にほん酒やの高谷さんも、お燗を作るたびに、
その味を確認するために一口飲んでいた。
でも、そのたびにほんとうに美味しそうな顔を
するから、飲みたくてつい口してしまうように
しか見えなかった。
そんなみんなの姿もまったく自然で楽しそうで、
お酒が飲めない僕はただただ羨ましく眺めていた。


コーヒーと日本酒。最初に聞いた時には、
不安もあったし、どんな感じになるのか想像も
できなかったけど、素敵な人が集まって
美味しいものがあれば、やっぱり幸せな空間が
生まれるんだなあ。

足を運んでくれた皆様、アアルトコーヒーの
庄野さん、にほん酒やの高谷さん、楽しい時間を
ありがとうございました!


20190203c.jpg

20190203b.jpg

20190203.jpg

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。