« 「東欧 好きなモノを追いかけて」 | メイン | お気に入りのサウナ »

短編小説集と7インチレコード

20190527b.jpg


アアルトコーヒーの庄野さんから小説を
書いているという話を聞いたのは、
たしか去年の夏、京都でのイベントの打ち上げ
の時だった。
短編を書き溜めていて、それがもうすぐ10編に
なるから、そうしたら本を出版しようと思って
いると、酔っ払っていたので、目を泳がせて
ろれつがあまり回っていない口調で言った。

庄野さんは前から小説を書くと言っていたから
びっくりするようなことでもなかったのだけど、
いよいよ書いたんだなあ、と思った。
「ぜひ読ませてくださいよ」と言うと、
その後、メールで何編かの小説を送ってくれた。
分かりやすい起承転結があるわけでないけれど
どれも読み終わると、心の奥にしまってあった
感覚が蘇ってくるように、忘れかけていた記憶を
呼び起こしてくれたような気分になった。
想像以上のそのクオリティーに感心するとともに
庄野さんと同い歳の僕は、少し嫉妬を覚えた。

そして先月末。
短編小説集『たとえ、ずっと、平行だとしても』
が美しい本になって届いた。
庄野さんのこだわりで、取り外すことができる
カバーや推薦文が入った帯などはつけず、
さらに本にはバーコードや価格も印刷されていない。
それらの売るためだけに必要なものを排除することで
無駄が削ぎ落とされ、装丁のシンプルな美しさが
さらに際立っていた。

この本を出版をしたのは、今まで本を出版した
ことがない音楽レーベルで、通常の本のように
取次販社を経由して全国の書店に卸すのではなく、
もともと庄野さんと付き合いのある書店や雑貨店、
その考え方に共感した店のみで販売している。
内容はもちろん、装丁のデザインから売り方まで
庄野さんのインディーズスピリットが詰まった本
になっている。


話は変わって、けものの青羊さんとはじめて
出会ったのは、トラベラーズファクトリーで
NAOTのイベントを開催した時だから、
もう6年前のこと。
靴を買ってくれたのとあわせて、CDを僕らに
プレゼントしてくれた。
しっとりしたジャズスタンダードのカバーから
始まりながら、それを気持ちよく裏切るような
アバンギャルドな曲もあったりして、
すっかり感動してお礼のメールを送ると、
ピットインで開催したライブに招待してくれた。
ライブももちろん素晴らしくて、
次はぜひトラベラーズファクトリーでライブを
やってください、と話した。

それから、何度かトラベラーズファクトリーに
遊びに来てくれたのだけど、なんとなくきっかけを
つかめず、なにもできないまま、ずいぶん時間が
経ってしまった。

だから、新しい7インチレコードを
リリースするのにあわせて、その記念イベントを
トラベラーズファクトリーで、と声をかけてくれた
時は、嬉しかった。
しかも、その中の1曲「トラベラーズソング」は、
トラベラーズファクトリーからインスパイアされて
作ったと聞いた時は、さらに嬉しくなった。

7インチレコードに収められているもう1曲は
「コーヒータウン」という曲で、
昔から喫茶店が多く、青羊さんの故郷に近い
盛岡の街をテーマにした曲だった。
レコードには歌詞にでてくる盛岡のお店が
掲載されたマップが付属していて、
さらにリリースをしたのが、盛岡のレコード店。
こちらも売りやすさより音楽愛、地元愛を
大切にしたインディーズだ。

どちらの曲にもコーヒーが出てくるし、青羊さんも
親交があり、ちょうど短編小説集を出版したばかり
の庄野さんにも来ていただき、ミニライブと
コーヒー教室を開催していただくことになった。

けもののライブは、青羊さんの歌声が響くと
トラベラーズファクトリーの2階の空気が
がらっと変わってしまうほど素晴らしいもの
だったし、庄野さんの話は相変わらず楽しく、
刺激的で、打ち上げまであっという間の1日だった。

なによりも嬉しかったのは、それらに触れることで
僕らのインディーズスピリットにまた火をつけられた
ことかもしれない。

庄野さんの短編小説とけものの7インチレコード
どちらもトラベラーズ一押しのおすすめ作品です。
みなさまもぜひ。


20190527c.jpg

20190527d.jpg


20190527a.jpg

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。