« tokyobike × TRAVELER'S COMPANY | メイン | 分断より共有 »

トラベラーズ米 草取り編

20190716b.jpg


トラベラーズ米の田植えから約2ヶ月。
再び田んぼがある鴨川ヒルズに招集がかかった。
今回はミッションは、草取りだ。
トラベラーズ米は無農薬なので定期的に雑草を
手作業で除去しなければならないようだ。

そんなわけで土曜日、寝ぼけ眼をこすりながら
朝早く家を出て、電車に乗った。
東京を過ぎると少しずつ電車の中の乗客も減り、
千葉駅で内房線に乗り換えると車両はボックス席
に変わった。
向かいの席にハイキング姿のおじさんが座り、
おもむろに駅弁を広げて食べ始めた。
そんな姿にちょっとした旅気分を感じていると、
駅弁の匂いが漂ってきた。
あわてて家を出たので、朝食は小さなパンを
ひとつしか食べてこなかった僕はお腹が鳴った。
弁当を食べ終わって、さらに缶チューハイを飲んで
いたおじさんもやがて電車を降り、車内はさらに
閑散とした。だけど、目的の駅まではまだ先。

ボックス席を独占した僕は足を伸ばした。
電車のボックス席は、僕にとって本を読むのに
最高の場所だ。
前日はあまり寝ていなかったのに、眠くなること
もなく、たまに車窓の風景に目を休めながら、
ずっと本を読んで過ごした。
そして電車に乗ってから2時間半。
やっと目的の駅に着いた。

駅からは、車で迎えに来てもらいさらに20分。
途中スーパーに立ち寄りお昼の食材を買い、
やっと鴨川ヒルズに着いた。

5月に植えた稲は順調に育っていたけど、
その周りにはたくさんの雑草が生えていた。
今日はこれをすべて取り除かなくてはならない。
早速農作業用の長靴を履くと、勢いよく田んぼの
中に足を入れた。
すると足は田んぼの泥の中にズブズブと沈んだ。
泥の中は不安定で、一歩ずつ進むだけでも足が重い。
さらにずっと中腰のまま、泥の中に手を入れて
草を根から引っこ抜いていく。なかなかの重労働だ。
汗を滴らせながら、抜いても抜いてもなくならない
雑草と格闘した。

雑草魂という言葉にあるように、
僕はどちらかと言えば、雑草に対しては
ちょっとしたシンパシーを抱いていたのだけれど、
この日は心を鬼にして雑草を取り除いた。
「ごめんな。ここまでがんばって育ったのに
引っこ抜いてしまうのは不本意ではあるけど、
やっぱりお米が育つためにはしょうがないんだ」

40分ほど続けると、日頃の運動不足と寝不足、
さらに仕事の疲れがたまっていた僕は限界を感じて
休憩を提案。その後作業を再開するみんなを尻目に
しばらく休んでしまった。

お昼は、みんなで鴨川ヒルズにあったパスタを
茹でて、スーパーで買った野菜とベーコンを炒め
ナポリタンを作った。
棚田を見下ろすオープンデッキで、ビールとともに
食べるナポリタンは思いのほか美味しい。
気持ちの良い風にあたりながら、しばらく休んで
いると、雨が降ってきた。
その後、雨足はだんだんと強くなってきたので、
もうこれで草取りは中止かなあ、と勝手に思って
いたら、「さて、やっちゃいましょう」という声
が聴こえた。

「そうか、やるのかあ」
僕は観念して雨具を取り出し、再び草取りへと
向かった。小雨が降るなか、ズブズブと田んぼの
中に足を入れた。
みんな疲れているから言葉も少ない。
僕はもはや雑草の立場などこれっぽっちも考えず、
ただ黙々と雑草をむしり取っていった。

いつかそのことについてここに書くのか、
書かないのか、今は分からないけど、
最近出会ったある人たちの影響で、ここ数日
頭の中でオザケンの「痛快ウキウキ通り」が
リフレインしている。
「プラダの靴がほしいの〜」と頭の中で歌いながら
農作業用の長靴を履いて、田んぼの中で泥まみれに
なって雑草と格闘した。
歌詞の世界と現実とのあまりにも大きいギャップに
気づかないくらいヘトヘトになりながら、ようやく
今日のミッション終了。

たっぷり汗をかいたせいで、ほとんどその意味を
成さなかった雨具を脱ぎ、びっしょりに濡れた
Tシャツを着替えると、苦しみをわかり合ったみんな
でデザートにと買っておいた、スイカを食べた。

いや〜、お米づくりは大変です。
みなさん、ご飯は残さず食べましょう。


20190716d.jpg

20190716c.jpg


20190716a.jpg

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。