« 自転車旅の途中で | メイン | 旅先で出会った音楽 »

自転車旅、青森に到着

20190819b.jpg


自転車旅の続き。
十和田を出発してから、雨が降ったり、パンク
したりと、ちょっとした困難もあったけれど、
無事青森に到着した。

自転車の旅で辛いのは、雨とパンクだ。
僕の場合は、それに当たる確率がどうも他の人より
高い気がするので、雨具とパンク修理キットは必ず
荷物に入れてある。

さて、十和田市内から、長い山道に入ると
雨脚も強くなってきたので、カバンから取り出して
ポンチョを着た。
そして、雨でタイヤを滑らせないよう注意しながら、
長い坂道を下った。
視界に青森湾が現れると、雨も止んで青空が見えて
きた。ポンチョを脱ぐと、思わず僕は笑顔になって
シーサイドの道を快調に走っていた。
そんな気持ちの良い時間は、突然、前タイヤの空気が
抜けてしぼんでいくのと同時にあっけなく中断した。
とりあえず自転車を止めて、どうしようかと
考えていると、マウンテンバイクに乗った少年が
通りがかった。
「この辺に、自転車屋さんとかあるかな?」
少年に声をかけると「ないよ」とあっさりと告げて
「バイバイ」と元気よく去っていった。

自分で直すしかないなと諦めて、しばらく自転車を
押して歩いた。
10分ほど歩くと、軒先きで作業をしている
おじいさんがいたので声をかけた。
「すみません、自転車の空気入れお借りできますか」
「空気入れかあ、あったかなあ」
そうつぶやくと納屋の奥に入り、しばらくがさごそ
と探し、空気入れを手にして戻ってきた。
農家の納屋には、たいていの道具があるのだ。

早速、この家の軒先きを借りて、パンクの修理を
はじめた。トラベラーズバイクは、旅先でも容赦なく
パンクをするので、パンク修理もだいぶ慣れた。
作業中、おじいさんがずっと横に立って、
見つめていたので、ちょっと緊張したけれど、
なんとか無事修理をすることができた。

「どっから来たの?」
「盛岡から走っていて、今日は十和田から
来ました。これから青森に向かいます」
そう答えると、顔をしかめて「暑いのによくやるね」
と褒めるわけでも、かと言ってけなすわけでもない
微妙な言葉をかけた。
そして、「なんで青森に行くの?
もうねぶたも終わったし、見るものなにもないよ」
と追い打ちをかけるように言った。
僕もまた微妙な笑顔を返しながら、お礼を言って
出発した。

パンク修理で時間をロスしてしまったのとあわせて
浅虫温泉でお湯に浸かったり、海を眺めたりしながら
のんびり走ったので、青森に着くころにはもう夕方に
なっていた。
ホテルにチェックインすると、ここでも銭湯に行き
旅の疲れをいやした。
そして、本屋に入ってみたり、お土産屋さんを
覗いたりして、自転車で街をのんびり走った。
確かに、なんで青森に来たのかと言われると、
返す言葉もないかもしれない。だけど、こんな風に
知らない街をたいした目的もなくぶらぶら巡るのは、
嫌いではない。

すっかり暗くなると、なんとなく目星をつけていた
寿司屋にひとりで入り、レモンサワーを頼んで、
お刺身をつまみに飲んだ。
もともとお酒も強くないし、ましてやひとりで
回らない寿司屋に入るなんてことは普段はしない
のだけど、旅先ではそんなこともしてみたくなる。
最後にお寿司も1人前をオーダーし、お腹いっぱい
でホテルに帰った。

翌日は、朝早くホテルを出て、8時20分発の
新幹線はやぶさで東京へ帰った。
上野まで3時間18分。

2014年の夏休みにスタートし、その年は
東京から福島県白河まで、2015年の夏休みには
白河から仙台まで。2016年は入院したので休み、
2017年も電車で岡山まで行ったので休んで、
2018年は仙台から盛岡。そして今年2019年、
盛岡からやっと青森までたどり着いた。
足掛け6年、実質16日間かけてやってきた道のりも
新幹線では、わずか3時間18分で戻ってきた。
やっぱり新幹線は、すごいなあ。

そんな旅に付き合ってくれたトラベラーズバイクも
今回の旅で、変えたばかりのブレーキシューも
かなり減ってしまったし、重い荷物を長いこと
積んでいたせいかキャリアがすっかりダメになって
しまって、もはや満身創痍。
この旅の続きは、2代目のトラベラーズバイクと
ともになるかもしれないな。


20190819c.jpg

20190819d.jpg

20190819e.jpg

20190819a.jpg

コメント (2)

Sally:

合浦公園ですね!
私の小学生の頃の遊び場でした。
(高校生の時はサボりの場所...)
トラベラーズノートの生みの親が、自分の故郷を旅しているのを見ると、なんだか不思議な気持ちです。
来年はトラベラーズバイク2号と一緒に青森からフェリーで函館入りでしょうか。
来年も夏休みのブログを楽しみにしています!

iijima:

Sallyさん、ありがとうございます。
合浦公園です!きれいな海で子供たちが遊ぶ風景が心を和ませてくれて、ついつい長居してしまいました。来年はどうしようかなあ...。

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。