« 旅先で出会った音楽 | メイン | ラジオと本は、少年時代からいつも寄りそう良き友 だった »

プラダ、そしてトラベラーズノートのこと

20190901b.jpg


先週、2020年ダイアリーのラインアップに、
プラダとのコラボレーション情報を公式サイトに
アップした。
コラボレーションについては、やはりインパクトが
あったようで、かなり反響が寄せられている。
(ダイアリーについてはまた後ほど)

正直に言えば僕らも、最初プラダから声をかけて
いただいた時、全く想定していなかったブランド
だったし、どういうことなんだろうと、不思議に
思った。
ブランドのポジショニングに大きな違いがあるし、
その知名度や規模も、トラベラーズノートとは
比べ物にならないくらい大きいことから、
このことを知った多くの人がきっと感じたように、
僕らもちょっとした不安も感じた。
だけど同時に、世界的なファッションブランドが
どうしてトラベラーズに声をかけてきたのか、
純粋に興味もあったので、まずは話を聞いてみる
ことにした。

僕らがコラボレーションをする時に大事にしている
ことがいくつかある。
その中でも一番大切なのが、先方がトラベラーズ
ノートとその考えに理解を示し、共感していること。
もっとシンプルに言えばトラベラーズノートを
好きかどうかということ、
他にも細かいルールは設けているのだけど、
まずはそこがないとうまくいかないし、なにより
やっていて楽しくない。

イタリア本社のデザインチームと打ち合わせをすると、
みんなトラベラーズノートのことをよく知っていて、
日本のステーショナリーで一番これが良いと思って
いるから声をかけたんです、と伝えてくれた。
想像していたイメージとは違い、
とても気さくな方々で、敬意を持って接してくれた。
僕らの希望も快く受け入れ、こちらを尊重した上で、
一緒にやりたいと熱意とともに伝えてくれた。
その言葉から感じる、トラベラーズノートに対する
敬意と愛に心を打たれ、僕らはこの流れにのって
みたいと思った。

トラベラーズノートは、カスタマイズできることが
大きな特徴だ。このノートが持つ不思議なマジック
に気づき、魅せられたすべての人たちを受け入れ、
それぞれの使い手のパーソナリティーを映し出す
ことがトラベラーズノートのカスタマイズだ。
だったら、プラダバージョンにカスタマイズした
トラベラーズノートだってありだし、
今まで想像もしていなかっただけに、
どんなものができあがるのか楽しみでもあった。
もしかしたら、そのことによって穏やかな水面に
石を投げ入れるように、ちょっとした波紋が
生まれるかもしれないけれど、それも含めて
ワクワクしてくるのを感じた。


トラベラーズノートは、14年前にデザイナーの橋本
と僕で始め、その直後に石井が加わり、3人だけの
小さなチームでその世界を作っていった。
もちろん会社の内外の力を借りることも多かったし、
自分たちだけでやってきたとは言わないけれど、
特に初期の頃は、チームのメンバー3人で、
仕事とプライベートの垣根もなくなるくらい、
力も想い入れも注ぎ込んでトラベラーズノートの
世界を作り込んでいった。

効率性やマーケティング戦略などはあまり考えず、
自分たちの趣味や好きなこと、直感を信じて、
自分たち自身がワクワクできることを何よりも
大事にした。
だからトラベラーズノートに関する仕事は、
他の仕事を定時に終わらせてから、放課後の
部活動のように、こそこそとやっていた。
続けるうちに、3人が練習を重ねたロックバンド
のようにグルーヴを生み出し、トラベラーズノート
の世界に深みが増していくのを体感した。

また、気になる作り手の人がいたら、
トラベラーズノートを名刺がわりに、休みの日でも
チームで会いに行ったし、それが遠方なら旅をした。
作り手との出会いは、大きな刺激とともに
僕らのものづくりに影響を与えてくれた。

旅の夜には、トラベラーズカフェがあったら
いいなとか、いつかトラベラーズノートの基地を
作ろうかとか、妄想を膨らませながら、みんなで
夢を語り合った。
そうやって旅を重ねるごとに僕らの想いは
強くなり、夢が少しずつ実現していく喜びを、
わかちあうほどに、僕らの心は熱くなっていった。

トラベラーズノートは、僕ら3人にとって
自分たちの子供のような存在になり、
チーム自体も、もうひとつの家族のような存在に
なっていった。
もちろん思い通りにいかなくて辛い思いをしたり、
悔しくて泣きたくなるようなこともたくさんあった
けれど、それもチームでわかちあうことで救われた。

そうやって作り上げたトラベラーズノートだから、
イベントにたくさんの方が足を運んでくれて、
笑顔でそれぞれの使う人の人柄と愛がにじみ出た
ノートを見せてもらった時は、涙が出るほど
嬉しかった。
それからは何かを作る時には、僕らがワクワク
するのと同時に、あの人たちもワクワクさせたい
と考えるようになった。

今ではチームのメンバーも増えたし、出会った
作り手の仲間も増えた。
嬉しいことに、僕らに会うために海外から足を
運んでくれる作り手の人たちもいる。
でも、トラベラーズノートへの思いも仕事のやり方も
あの頃とは少しも変わってはいない。

例えば、今年はプラダの他にも
スターバックスリザーブロースタリーからはじまり、
誠品書店、LOG-ON、TO&FRO、tokyobikeと
さまざまな人たちとコラボレーションを行ってきた。
だけど、その理由は決してマーケティング戦略なんて
ものから生み出されたわけではなく、出会った人たち
から感じるトラベラーズノートに対する愛に応えたい
ということと、一緒に何かを作らせてもらうことに
ワクワクしたからだ。

もちろん過去を振り返ればワクワクしたり、
嬉しかったり、感動したりするだけでなく、
悩むことだってあったし、生み出し作り上げる
ための身を削るような苦しみもたくさんあった。
そうやって、僕らに起こるをすべてを受け入れながら
今だに僕らは妄想とともに青臭い夢を語り合ったり、
胸が張り裂けそうな想いをわかちあうことで
共に心を奮い立たせたりしている。

これからもトラベラーズトレインは走り続けるし
まだ誰も見たことがない、見ただけで感動して
嬉しくて涙がでてくるような、そんな景色を求めて
トラベラーズの旅は続きます。
楽しみにしていただきたいし、あたたく見守って
いただけたら嬉しいです。


20190901a.jpg

コメント (5)

kaz:

上手く言えないけど、なんか最高ですね。
これからも、have a nice trip !! です。

hiro :

すごい⤴️⤴️ですね
ただ敷居が高くなりそうです

iijima:

kazさん、嬉しいお言葉ありがとうございます。これからもよろしくおねがいします。

hiroさん、ありがとうございます。いろいろありますが、トラベラーズらしくありたいと思っています。よろしくおねがいします。

みぴー:

日本でも是非販売して下さい!!
手に取って見てみたい!!!!!!

ちい:

トラベラーズノートの誕生秘話を初めて知って嬉しくなりました。私はトラベラーズノートを使ってから魔法にかかってとても幸せです。この幸せをたくさんの人にわかってもらうためにも、またプラダという素敵なセンスのブランドとのコラボ、最高だと思います。
めちゃ可愛い!
日本でも買えたらいいけど、ご当地でしか買えない良さもあるんですよね。
なんか、素敵ですね!

コメントを投稿

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。