« 誰もいない場所で出会った | メイン | There is a reason why we trip to Kyoto. »

Factory Love

20200302b.jpg


トラベラーズファクトリーのすぐ目の前にある
ファイブスターカフェさんが先日閉店になった。
近所だし、美味しいシンガポール料理が
いただけたので、僕らもランチやイベントの
打ち上げでよくお世話になっていた。
いつもお客さんで賑わう人気のお店でも
あったので、閉店の理由をお店の方に聞くと、
耐震強度の問題で大家が建物を取り壊してしまう
ことになったとのこと。

トラベラーズファクトリーができる時、
中目黒の路地裏にある今の建物の佇まいに
惚れてこの場所にオープンすることを決めたの
だけど、すぐ近くにファイブスターカフェが
あったことも、この場所がいいなと思った理由
のひとつでもあった。
トラベラーズファクトリーと同じように
ファイブスターカフェも小さな町工場だった
古い建物をお店にしていて、かつてここが
ものづくりの場所であったことをさりげなく
伝えてくれたし、その魅力を一緒に伝えて
いきたいという同志のような想いを勝手に
感じていた。
アアルトコーヒーの庄野さんやシュペリオール
レイバーの河合さんのように、イベントのたびに
ファイブスターに通うのを楽しみしていた仲間も
たくさんいたし、僕らだってあそこのラクサや
チキンライスは大好物だった。
閉店を迎え、灯りが消えたファイブスターを
見るとやっぱり寂しくなる。

話は変わりるけど、先日トラベラーズカンパニー
オフィシャルサイトに、3月26日にリリースする
予定の新しいプロダクトの情報をアップした。
ブラスプロダクトにローラーボールペンが加わる
こととあわせて、筆記具のラインアップに
限定カラーとしてファクトリーグリーンが登場
する。

このファクトリーグリーンのアイデアを
はじめてデザイナーの橋本から聞いた時は、
まさにこれだと思った。
この少しくすんだ青味がかったグリーンに
ファクトリーグリーンという名前をつけた理由は
オフィシャルサイトにも書いているけれど、
それ以上に僕らの工場に対する愛と敬意を形に
したいという想いがあった。

ものづくりを生業とする僕らにとって、
ものが生まれる工場は、最も重要な場所なのは
あらためて言うまでもない。
だけどそれ以上に、僕らは工場という場所が
好きでたまらないのだ。

工場で、職人が巧みに道具を使ったり、
鉄の塊のような機械を動かして、皮や紙、
真鍮などの素材が形を表し、プロダクトに
変わっていく様を見ているとワクワクする。
小学校の図画工作の授業でハサミやノリを使って、
手を動かし何かを作るのが好きだった子供の頃を
思い出すと、工場は夢のような空間だ。

工場に漂う油やインキの匂い、
歯車が周り機械が動く音、ピリッとした空気
の中でスタッフが手際よく動き、できあがった
資材が美しく積まれていく姿。
職人によって丁寧に手入れをされながら、
長年に渡り実直に働き続けた古い機械が見せる
なんとも言えない美しい佇まい。
僕らはそんな工場が醸し出す空気が好きなのだ。

だからこそ、8年前に作った僕らの基地は、
トラベラーズファクトリーという名前にしたし、
今作っている京都の新しいお店だって、
いかに「ファクトリー」を感じられる空間に
するかを大切にしながら進めている。

「ファクトリーグリーン」は、そんな僕らの
工場に対する想いから生まれた色でもある。

グリーンは、安心・安全を喚起する色として
流山工場やブラスプロダクトを作る工場でも、
床や棚、機械などにさまざまな場所で見つける
ことができる。
長い歴史の中で、何度も磨かれ、油を挿され、
働き続けてきたことで、そのグリーンは所々、
色あせたり、錆びたり、くすんだりしているけど
それがたまらなく美しい。
ファクトリーグリーンのブラスペンもまた
長く使い続けることでそんな美しさを醸し出して
くれたらと思っている。

トラベラーズファクトリーの入り口の窓枠も
工場をイメージし、グリーンに塗ったけれど、
8年間の歴史の中でだいぶ味わい深くなってきた。

ファイブスターカフェがなくなってしまい、
古い工場を感じさせてくれる素敵な建物がまた
一つ取り壊されてしまうのは、とても残念だ。
だけど、そんな時代の流れにあらがいながら、
古い工場が受け継いできたものづくりスピリット
とともに、その美しい佇まいを少しでも残し、
伝えていくことができたらいいな。

3月発売のブラスプロダクトの筆記具たちも
日本の歴史ある工場で職人たちの技によって
現在絶賛生産中です。
コロナウィルスの影響で日本も不穏な空気に
包まれている中ではありますが、楽しみにして
いただけたら嬉しいです。


20200302c.jpg

20200302d.jpg

20200302e.jpg

20200302f.jpg

20200302h.jpg

20200302a.jpg

コメント (4)

Sally:

壊すのは簡単だけど、二度と元には戻せないので、古い建物の取り壊しはやっぱり残念ですね。
私はファクトリーの向かいのモミの木(?)が無くなった時も寂しかったですよ。

iijima:

Sallyさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね。トラベラーズファクトリーの周りもオープンして8年でだいぶ変わってしまいました。
私たちとしては、こんな時代だからこそ永く残していけるようにがんばりだいと思いますので、よろしくお願いします!

Hide:

ファイブスターカフェの閉店は残念でした。都内にいくつかある専門店の中でも一番本場の味に近かったと思います。
…グリーンには確か親愛という意味もあったと思います。気になっていた女性たちにグリーンのインクで手紙や絵葉書を書いたことがあったなぁ〜(苦笑)。

iijima:

Hideさん、なるほどグリーンにはそんな意味もあるんですね。気になっていた女性への手紙を書くペンにもぴったりですね。ぜひ!

コメントを投稿

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。