« 檸檬 | メイン | 家で心の旅を »

The most personal is the most creative

20200323g.jpg


一泊二日で京都へ行ってきた。
いつも満席の新幹線には空席が目立ち、
宿はぎりぎりになって手配したにもかかわらず、
思いがけず安い値段で、いつもよりちょっとだけ
グレードの高いホテルに泊まることができた。
京都に着いて最初の食事は、以前行った時は
たくさんの人が並んでいたため入るのを諦めた
近くの洋食屋さんに行ってみた。
老舗らしいデミグラスソースがたっぷりかかった
オムライスが美味しかった。
3月も半ばを過ぎて、京都の街には春の優しい
日差しがふりそそぎ、暖かな空気に包まれていた。
僕らはホテルに立ち寄り、荷物と一緒にコートを
フロントに預けると、少し身軽になって、軽快に
いつもより落ち着いた雰囲気の京都を歩いた。

旅の目的は、トラベラーズファクトリー京都の
内装の立ち合いだ。
オープンまで一ヶ月を切り、内装工事もいよいよ
最終段階に入った。

現場に入ると、中目黒からエアポート、
ステーションの内装工場もやってくれている
大将こと成田さん率いる、チームのみんなが
既に作業をはじめてくれていた。

古い木製のパレットを再利用して作った商品棚、
神社仏閣の修復工事を専門に行う鳶職の方から
譲ってもらった足場材で作ったカウンター、
アンティーク屋を巡って手に入れた年代もの
のテーブルやトランク、ロッカー、照明、
流山工場から持ってきたローラーコンベアには
ガラスの天板が付けられかっこいいテーブルに
なっていた。
それらは設置されたばかりなのに、まるで
ずっと前からその場所にあったような佇まいで、
僕らは思わず「いいですね」と成田さんに言った。

内装の図面はもちろん用意されているのだけど、
現場で目で見ながら、棚や什器、看板などの
位置を調整し、フレームや照明を取り付ける。
例えば、譜面を読み込んでスタジオに集まった
バンドのメンバーたちが、実際に音を出しながら、
新しいアイデアを出したり、ハーモニーを調整
したり、グルーブに身を委ねたりすることで、
ひとつの曲が完成していくように、
トラベラーズファクトリーの空間は作られていく。

「すみません!やっぱりこの棚の位置は、
こっちに変えたいんですけど」とか、
「ここに板を取り付けてほしいんですけど」と、
その場の思いつきでわがままを言うと、
成田さんたちは「大丈夫です!」と言って
安定感のあるリズム隊のように、確実に作業を
進めてくれた。

カウンターの奥に、錆びたトタン板にロゴを
描き込んで作った看板を設置すると、空間は
一気に店っぽくなった。
看板の下には、中目黒から持ってきた
トラベラーズバイクを吊り下げた。

1日目の作業が終わると、京都を拠点にする
雑貨屋アンジェの羽賀さんと久しぶりに
お会いして一緒にご飯を食べた。
羽賀さんは、中目黒ができる時からお世話に
なっている、僕らにとっては店作りの師匠の
ような存在の方。
京都で飲みましょうと言っていた約束をやっと
実現することができた。
羽賀さんが紹介してくれた老舗感たっぷりの
居酒屋さんに行くと、スタッフの方も加わり、
楽しい宴がはじまった。
昨今の厳しい状況のことから話は始まったけど、
すぐに話題は変わって、それぞれのお店のことに
京都のディープな情報もたっぷり教えてもらった。

そして、翌日も朝から現場に入り作業を続けた。
すると突然、成田さんが「こんなもの持って
きちゃったんだけど、いります?」と言って、
レコードがたっぷり入ったダンボール箱と
ウクレレを見せてくれた。
レコードは、ジャニス・ジョプリンから、
ジェームス・テイラー、ノーマン・ブレイクなど、
60、70年代のアメリカのロックやブルーグラスの
レコードを中心に、細野晴臣のトロピカル三部作
までが揃い、好きなアルバムもたくさんあった。

「断捨離をしなくちゃならなくなって」と
成田さんは言っていたけど、きっと青春の思い出
がたっぷり詰まった大切なレコードのはず。
僕らは喜んで受け取り、レコードとウクレレを
棚に飾った。

ふと、最近ずっと心に引っかかっていた言葉が
頭に浮かんだ。

「The most personal is the most creative.
最も個人的なことが最もクリエイティブになる」

映画『パラサイト』のポン・ジュノ監督が
アカデミー賞授賞式のスピーチで引用していた
マーティン・スコセッシ監督の言葉だ。

トラベラーズファクトリー京都は、
僕らメンバーはもちろん、この場所に関わる
たくさんの人たちの個人的な想いが詰まった
空間になりそうで、ワクワクしてきた。

また、スタッフのご好意で思いがけず
エースホテルの中も見ることができた。
詳しいことは書けないけど、ロビーに部屋、
バーやレストランも、京都や日本を感じる要素を
取り入れながらも、まさにエースホテルならではの
かっこよくて心が踊る空間になっていた。
フレンドリーでホスピタリティたっぷりの、
こちらもエースらしさを感じるスタッフと話を
しながら、アメリカではじめてエースホテルに
足を運んだ時と同じ高揚感を味わった。

作業が早めに終わったら、人が少ない京都の
観光地をこの機会にいくつか巡りたいと思って
いたけれど、結局そんな時間もなく、作業が
終わると足早に京都駅に行き、新幹線に乗った。
オープンに向けてやらなければいけないことは
まだいっぱいあるけど、いい空間になりそうな
予感を心に抱きながら、東京へ帰った。


話は変わりますが、今週3月26日は、
ブラスペンの限定カラーファクトリーグリーンに
ローラーボールペンがいよいよ発売になります。
このペンを使うことで、ノートに向かって
何かを書くこと時間が少しでも楽しい時間に
なればいいな。みなさまぜひ。


20200323c.jpg

20200323d.jpg

20200323f.jpg

20200323b.jpg

20200323a.jpg

コメントを投稿

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。