« Holiday Season is coming | メイン | At Tokyo Station »

ミックステープ

20201116b.jpg


「今度、京都に行くことにしたので、
トラベラーズファクトリー京都にも訪問しようと
考えているのですが、そこで聴くおすすめの曲が
ありましたら教えていただけないでしょうか。
その音楽を聴きながらお店で本でも読めればと
思っております」

こんなメールが、トラベラーズチーム海外担当の
一人から届いた。
そもそも京都の店内にはBGMも流れているし、
どういう意図でリクエストしているんだろうと、
仕事の用事で彼に電話したついでに聞いてみたら、
他意はなく文面通りの意味だと言うので、
「じゃあ、何曲かメールで送るね」と答えた。

だけど音楽好きにとって、曲を選んで紹介する
ということは、嬉しいことであるのと同時に、
なかなか重たい行為でもある。
音楽オタクのレコード屋店主が主人公の小説
『ハイ・フィデリティ』(ジョン・キューザック
主演で映画にもなっている)のある場面を思い出す。

主人公がローカル雑誌の取材を受けることになり、
あなたにとってのトップ5の曲を教えてほしいと
聞かれる。
主人公はさんざん悩んだ末に5つの曲名を伝える。
インタビューアーはやっと決まったと呆れながら
曲名をメモすると、早く進めようと別の質問をする。
だけど、主人公はその質問を無視して、
「やっぱりベスト1はこの曲だ」とか
「2位はこれにして、3位以下の曲はひとつずつ
順位を下げて、最後の曲は外してくれ」
とか言って何度もメモを書き換えさせる。
いつまでたっても主人公はベスト5を決めきれず、
インタビューアーはすっかり困惑する。
取材が終わってからも、頭の中はベスト5のことで
いっぱいで、あの曲を忘れていたと、夜中に
インタビューアーに電話をしてさらに呆れさせる。

主人公の煮え切らない優柔不断な性格を描いた
エピソードとして読むこともできるけど、
もしもあなたが音楽好きであれば、主人公の
決めきれない気持ちがきっとよく分かると思う。
ベスト5の曲なんて聞かれても、どの曲を選ぶかで、
自分の音楽的な知識やセンスはもちろん、
性格や価値観、これまでの生き方に、世界に対峙
する姿勢すらも現れてしまうような気がして、
そうやすやすとは決められないものなのだ。

だけど音楽好きにとって、なにかのテーマのもと
曲を選ぶのは、楽しい行為でもある。
女の子とはじめてのドライブなんて機会があれば、
流れる時間やタイミングなんかもイメージしながら、
何度もレコードをターンテーブルにのせて、
緊張しながらカセットデッキの一時停止ボタンを
押してドライブ用のミックステープを作ったし、
女の子から「おすすめの曲を教えて」なんて
言われたら、相手のことを想像しながら曲を選び、
90分のカセットテープに録音し、インデックスに
手書きでアーティスト名と曲名を書いて、さらに
それぞれの曲にまつわるエピソードや思い入れを
紙に書いて、ライナーノーツみたいに折り込んで、
テープに添えて贈ったりしていた。

そうやって一生懸命作ったミックステープが、
努力した分だけの効果をもたらせてくれたことは
ほとんどなかったような気がするけど、
曲を選んでテープに録音している時間は、
無地のキャンバスに何度も色を塗り重ねながら、
ひとつの世界観を持った抽象画を描いてくようで
なにより楽しいし、完成したらとても充実した
気持ちになれた。

さて、トラベラーズファクトリー京都で聴くべき
曲は、素直に京都の店内に飾ってあるレコードや
フレームにちなんだ曲から、今までこのブログや
トラベラーズタイムズで紹介した曲を90分テープに
入る分くらい選び、さらにそれぞれの曲にまつわる
エピソードをくどくど綴って、メールで送った。

その返事は、僕の曲への想い入れから比べると、
かなりあっさりしたものだったけど、
こと音楽に対しては、昔からこちらの熱量に
見合うだけの反応が返ってくることはほとんど
なかったので、別にがっかりもしなかった。
それより送った曲のプレイリストをあらためて
自分で聴いてみると、何度も聴いている曲なのに、
また新鮮な気持ちで感動をすることができて、
それですべて報われたような気分になった。

お店を作るということは、ミックステープを作る
ことに似ているのかもしれないな。
プレイリストを聴きながらそんなことを思った。

トラベラーズファクトリーに並ぶ商品は、
チームみんなで、この場所に足を運んでくれる人の
ことを思いながら、それぞれの思い入れがたっぷり
詰まった商品を選ぶ。
商品が並ぶ場所は、曲順を決めるように曲同士の
関係性や全体の流れを考えながら決める。
そして、サイトにはそんな思い入れやエピソードを
ライナーノーツのように綴る。

仮に僕らの思い入れがぜんぶ伝わらなくても、
空間にいるだけで僕ら自身が幸せな気分になれるし、
お客さまと共感できる瞬間に立ち会うことが
できたら、もうそれだけでそれまでの苦労が
報われたような気分になれる。

意識しないで聴き流していても心地よく、
でも意識して耳をそば立てて聴いてみると
その世界に引き込まれるような魅力がある。
BGMも空間もそうありたいと思っている。


20201115aa.jpg

コメント (5)

ちはる:

5曲選べと言われたら困りますね。
ブルーハーツから5曲選ぶのか、
ほかの人も入れるのか。

プルーハーツの
手紙
だけは絶対に入れます。
聞いてみて!

Hide:

カセットテープ…すっかり懐かしいものになってしまいましたね〜。「お好みテープ」はいくつも作りましたね。ウォークマンとカーステの世代ですからね(笑)。
旅に出るときは本とともにカセットテープも少々荷物になりましたよね?(笑)しかし、iPodが出てきてMDはあっという間に消えましたね〜。最近の若い方々は音ではなく、PVやYouTubeのリンクをやり取りしてスマホやタブレットで映像を楽しむのですかね?

iijima:

ちはるさん、ありがとうございます。ブルーハーツの5曲であれば「手紙」もいいですが、アルバムではその次の曲に流れる「緑のハッパ」が個人的には外せません。ブルーハーツにしかかけない名曲だと思ってます。

Hideさん、ありがとうございます。私も昔は旅に出る時はどのテープを持っていくのかがけっこう悩みのたねでした。今ではMacBookにほぼ全部のコレクションが入っているので悩むこともなくなりました。

Rocketman3:

5曲選べなんて言われたら途方に暮れますね。こだわればこだわるほど、あれを入れるならこれも、これを入れることで音楽マニアとしての自分をアピールできるぞ、とか考え始めたら、混乱極まりなくなって選ぶのが嫌になってしまいそう。もう「その瞬間に思いついたのを脈絡なく5曲!」とかのほうがスッキリするかも。

ところでミックステープB面3曲めのDeep Blue Skyは誰の曲でしょうか?? 寒くなってきて、今年もCブランストーン「一年間」が聴きたくなる季節になってきましたね。

iijima:

Rocketman3さん、ありがとうございます。
カセットケースに書いた曲名までチェックしていただき、嬉しいです。ご指摘のDeep Blue Skyは?というのを読んで、あれ?と気づいたのですが、すみません!誤字で、正しくはDeep Blue Dayでした。ご存知だと思いますが、ブライアンイーノですね。浮遊感が魅力の大好きな曲です。「一年間」も身に染みる季節ですね。

コメントを投稿

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。