« from Narita Airport | メイン | 旅の記憶をノートに »

涙の陸上部

20210531b.jpg


中学生の時、僕は陸上部員だった。
当時は(今もそうかもしれないけど)、
中学生になったら、運動部に入って何かスポーツを
やるということに無言の圧力みたいなものがあった。
中学校への入学が近づくと、親はもちろん、
親戚に近所のおじさん、おばさんもみんな
「何部に入るの?」とか「スポーツは何をやるんだ」
と聞いてきた。
スポーツが得意でも好きでもなかった僕は
「まだわかんないよ」とめんどくさそうに
受け流していたけど、なんとなく何かやらないと
いけないのだろうなと考えていた。

結局、球技や団体競技は苦手だったし、
小学生の時は足が速かったことがちょっとした
自慢だったので、陸上部に入ることにした。
そんなわけで僕は、中学生になると部活動のため
毎日近くの錦糸公園まで走っていき、公園に着くと
その周りをぐるぐると何周も走っていた。

陸上部に入って1ヶ月ほど経つと、みんなで
100メートル走のタイムを測った。
タイムは、才能がある少数の優秀な部員と、
それ以外の平凡な人たちとの差を明確に分けた。
先生の興味は優秀な部員のタイムをいかに縮めるか
ということに割かれていき、それに呼応するように
その他の平凡な部員たちは、やる気をなくし
だらだらと練習するようになった。

小学生の時は、足の速さでクラスで1、2位を
争っていた僕も、腕ならぬ足に覚えがある中学生が
集まった陸上部の中ではぱっとしないタイムしか
出すことしかできず、平凡系グループに入った。
スポーツは概してそうかもしれないけど
特に陸上競技の短距離走は、持って生まれた
才能がものをいう世界で、中学に入るのと同時に
それをまざまざと見せつけられることになった。

陸上部の練習はほぼ走ることだけなので
面白いわけではない。数ヶ月経つと、
平凡系グループはだんだんと部活をやめていき
部員の数も減っていった。
だけど昔から一度やると決めたことは、
生真面目に続けていくという性分がある僕は、
走ることが好きだったわけでもないし、
足が早くなるという手応えもほとんどないのに、
それほどやる気もないまま毎日練習に通った。

レギュラーメンバーしか試合に参加できない
団体競技と違って、部人数も多くなかった
うちの陸上部は、僕らのような2軍級の部員も
公式試合にエントリーできた。
入賞を狙える100メートル、200メートル走に
1500メートルなどは、優秀な部員がエントリーし、
僕らは、彼らが参加しない400メートルとか
800メートル走などマイナー競技に参加した。
当然たいした結果を残すことはできなかったけど、
公式試合に参加して女子たちから声援を浴びるのは、
やっぱり嬉しかった。
陸上部を続けていて良かったことはそれくらいで、
自分には才能がないし、努力は実を結ばないという
ことを残酷なまでに思い知らされただけだった。
僕は走ることがますます嫌いになった。

その後、ロックに興味を持つようになり、
ギターをはじめるようになった。
音楽も才能がものをいう世界で、
音感やリズム感などは持って生まれた才能に
よるところが大きいような気がする。
僕が何度練習しても弾くことができないフレーズを
同じ時期にギターをはじめた友人が難なく弾くのを
見て、またしても自分に才能がないのを実感した。

だけどロックが素晴らしいのは、楽器をうまく弾く
ことがすべてではないということだった。
流暢なソロが弾けなくても、単純なコードストローク
だけで感動を与えてくれるミュージシャンはたくさん
いたし、楽器の才能だけでなく、メロディーや歌詞、
ステージワークなどさまざまな要素が組み合わされて
生まれるものだった。

僕はいつまでたってもギターは上手くならなかった
けれど、曲を作ることを覚えて、その曲に友人が
素敵なギターソロをつけてくれた。
僕はロックを通じて、チームプレーの楽しさを
知ることができた。
そして、音楽がますます好きになっていった。

前に有名な水泳選手が「努力は必ず報われる」と
言っていた。厳しい状況のなかでまさに努力で
勝ち得た勝利には心から敬意を感じるけど、
やっぱりこれは才能がある人だから言えること
だと思う。

才能がない僕らには、日本全国の人たちに感動を
届けることはできないかもしれない。
だけど、ささやかもしれないけど自分の中にある
得意なことをなんとか見つ出して、
それを仲間とともに持ち寄って、アイデアに運、
火事場のクソ力にも頼りながらやっていくことで、
一部の人かもしれないけど誰かに喜んでもらったり、
ちょっとした幸せを感じてもらったり、
生活に前向きな変化をもたらすことができたら、
それでもう十分幸せだなと思う。

緊急事態宣言の延長が決まってしまいましたが、
トラベラーズファクトリーの公式サイトでは
新しいお知らせをアップしています。
溢れる才能が堪能できそうな寺田克也さんの展示に
技術とアイデアの結晶のTO&FRO受注会、
僕らも楽しみにしています。
ご来店できる方はぜひ来ていただきたいし、
来られない方も今後アップするオンラインショップ
での特集ページを覗いていただけたら嬉しいです。


20210531c.jpg

20210531a.jpg

コメント (2)

Hide:

中学の部活…バスケットボールを2年生の途中までやっていました。あまりいい思い出はないです(苦笑)。同級生でありチームメイトだった一人とはいまでも交流があります。その頃の自分に大学・社会人と進んだ自分の姿は全く想像できませんでしたね…。バスケットを嫌いになるかと思いましたがシカゴでジョーダンやブルズのものを結構買いましたし、50を過ぎたいまでもバッシュ履いています(笑)。

iijima:

Hideさん、ありがとうございます。
バスケットボール部だったんですね。バスケットボールはなじみがないと、プロ試合を楽しめないような気がするので、それはそれで今に活きているような気もします(笑)。

コメントを投稿

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。