« 涙の陸上部 | メイン | 自転車に乗り思いを馳せる »

旅の記憶をノートに

20210607c.jpg


海外への旅がご無沙汰になって久しい。
一番最後に海外へ行ったのは、もう2年近く前の
2019年10月のことで、行き先は中国の成都だった。

成都は、かつては三国志の舞台のひとつで、
劉備が治めていた蜀の都だったこともあり、
古都ならではの歴史を感じる街並みに、
上海や北京などの大都会とは違ってゆっくり
流れる時間が魅力だった。
さらに四川料理の本場ということで、
唐辛子と山椒をたっぷり使った辛くて痺れる
食べ物にもすっかりはまり、短い滞在だったけど、
充実した時間を過ごすことができた。

旅の目的は、その翌年の春に開催を予定していた
成都でのイベントのための下見と打ち合わせだった。
会場の候補地を見て、現地の方と打ち合わせをして、
具体的な内容を詰めていったのだけど、
その後、ご存知の通り新型コロナの感染が世界中に
広がっていくことでイベントどころではなくなり、
予定は流れてしまった。

もちろん成都を旅していた時には、
そんなことになるなんて想像していなかったから、
たくさんの方に喜んでもらえるイベントにすべく、
トラベラーズノートを販売してくれているお店や
カフェのオーナー、ホテルを運営する方々と
お互いどんなことができそうかと話をした。
成都には上海や北京ではあまり見ることができない
運営者のパーソナルな匂いを感じる小規模のお店や
カフェがあることも魅力のひとつだった。
みんな目を輝かせて、何か楽しいことができないか
真剣に考え、話してくれたのが嬉しかった。
僕らは、半年後にイベントのために再訪するつもり
だったので、彼らと再会を約束して別れた。
でも、いつになったらその約束を果たせるのか
まったく分からないような状況になってしまった。

そんな中、トラベラーズの中国担当営業より、
規模を縮小して彼ら独自で成都でのイベント
を開催することになったとの報告があった。
それでいくつかのリクエストとあわせて、
僕や橋本が使っているトラベラーズノートを
会場に展示したいと話があった。

もともと計画していたタイミングからは
1年以上経っているし、成都に行ってからは
2年近く経っている。あれから世の中の状況は
すっかり変わってしまって、成都に行ったのは
ずいぶん昔のような気もする。
だけど成都は一番最後に旅をした海外の街でもある。
せっかくなので、2年前の成都の旅の思い出を
トラベラーズノートに描き、それを展示用に中国に
送ってもらうことにした。

旅の写真を見返しながらノートに向かっていると、
カメラのファインダーに映るピンボケの風景が
レンズを絞りこむことでだんだんクリアになって
いくように、旅の記憶が鮮明によみがえってきた。
僕は近所にある行きつけのカフェのテーブルで、
成都の旅を描くことにしばらく没頭した。

「このノートは、はるばる成都に旅立っていき、
成都の人たちの目に触れるんだな」
描き終わって冷めたコーヒーを飲みながら、
そんなことを考えていると、あの土地で出会った
人たちに、四川料理の痺れるような味、朝のお茶を
飲んだ公園の心地よい空気が懐かしく浮かんできた。
「成都のみなさんによろしく」心でそんな言葉を
呟きながらノートを閉じた。

海外への旅をするにはもう少し時間が
必要だと思うけど、かつての旅を思い出しながら
ノートに綴ることで、ひとときの旅気分に浸ること
ができた。皆様もぜひやってみてください。

話は変わりますが、海外への旅が難しい中、
トラベラーズファクトリーエアポートは、
もう1年以上休業が続いています。
だけど、前にも書いたように
またいつかこの場所に以前のような賑わいが戻り、
安心して海外への旅ができる日が必ずやってくる
はずだと信じています。
その日が来るまでトラベラーズファクトリー
エアポートを存続させるべく、また同時に、
皆様に少しでも成田空港からはじまる旅気分を
感じてほしいとの思いで、エアポートの限定商品を
期間限定でトラベラーズファクトリーオンライン
ショップ
で販売することにしました。

発売前には店内の様子やエアポートエディションの
ことをお話する動画をインスタ等でアップします。

海外への旅の思い出をエアポートエディションの
トラベラーズノートに綴ることで、旅気分はさらに
盛り上がるはずです。
また、いつかまた海外へ旅立つ機会がやってくる時
のために、行きたい旅の計画を綴るのも良し。
この機会にぜひ!


20210607a.jpg

20210607b.jpg


コメント (2)

Hide:

北京でも上海でもなく成都…。ニューヨークでもロサンゼルスでもなくシカゴ…みたいで成都に興味が湧きました。将来成都を訪れることになったらきっとこのブログのことを思い出すと思います。絵が描けるというのはやはりいいですね。以前あの画用紙のリフィルを香港に持って行って描いてみましたが、スケッチの途中でギブアップしてしまいました(苦笑)。

iijima:

Hideさん、ありがとうございます。確かに成都は、アメリカにおいてはシカゴのような存在なのかもしれないですね。アメリカも中国もたくさんの人口がいる巨大な国ですので、街によって違いがあるのも面白いところだと思います。
シカゴもいつか行ってみたいな。

コメントを投稿

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。