« Saturday Night Traveler | メイン | ものづくりの知恵と技 »

tokyobike.tokyo

20210712b.jpg


自分の好みみたいなものは、歳をとっても
そうそう変わらないものなんだと思う。

小学生の頃、オートバイ雑誌を毎月購入していた。
特に新車のレビューが楽しみで、乗れもしないくせに
手に入れるのであればどれがいいかとけっこう真剣に
悩みながらチェックしていた。
当時、オートバイ業界は活況を呈していて、
毎月のように新車が登場し紙面を賑わせていた。
技術的な進歩のスピードも早かった時でもあり、
レース仕様と遜色のない高性能エンジンを搭載した
レーサーレプリカモデルと呼ばれるオートバイが
人気があった。

舗装道路に適したオンロードモデルは流線型の
風防がついた前傾姿勢のモデルが中心となり、
未舗装の道も走れるオフロードモデルも
レース仕様を模した車高が高く、ガソリンタンクも
小さいのものが主流だった。
またオンもオフもレース用のバイクのように、
カラーリングやロゴが派手なものが多かった。

憧れを抱くオートバイのイメージは、
レースでスピードを出して突っ走るというより、
北海道やアメリカの草原や砂漠地帯を
のんびり走って旅をすることだった当時の僕は、
このレーサーレプリカが好きになれなかった。
普段走るのは舗装路が多いだろうけど、
たまにはオフロードも走ってみたいから、
どちらかを追求したものより、バランス良く
どちらもそこそこ走れればいいと思っていたし、
派手なデザインも好みじゃなかった。

そんな中、ホンダのシルクロードという
オートバイが新製品として雑誌に掲載された時に、
これだと思った。
オンもオフも快適に走れるデュアルパーパスモデル
として開発され、スピードを追求することより、
オートバイで雄大な自然をゆったりとツーリング
するというコンセプトにまず惹かれた。

さらに丸ライトに剥き出しの空冷単気筒エンジン、
シンプルなカラーリングなど、余計な装飾を排した
無骨でオートバイらしいデザインも魅力だったし、
シルクロードというネーミングも、
憧れのバイクの旅をイメージさせてくれて、
これこそ理想なオートバイだと思った。
もちろん買うことも乗ることもできないから、
頭の中でこのバイクで旅をするのを想像した。
だけど、他のオートバイ好きの友達からは、
あまり共感を得ることができなかった。
その後、シルクロードは後継モデルが出ることもなく
わずか3年で製造停止になってしまった。

あれから30年以上の年月が過ぎ、
はじめてトーキョーバイクを見た時に、
まさに自分にとっての理想的な自転車だと思った。

シンプルで自転車らしいデザイン、
スピードよりも快適な乗り心地を追求した足回り、
日々の暮らしの中で風景や空気の匂いを感じながら
走る"TOKYO SLOW"というコンセプト。
ちゃんとした自転車が欲しいなと思っていたけど、
スピード重視のハイスペックなものではなく、
普段着で気軽に乗れるもので、たまには
長距離ツーリングをしたり、電車で輪行もしたり
できる自転車がいいなと思っていた僕にとって、
トーキョーバイクは自分の好みにぴったりあった
理想的な自転車だった。

気に入ったポイントも似ているような気がするし、
今思えば小学生の時に雑誌で、シルクロードを
見つけた時と同じような感覚だったかもしれない。
だけど3年で製造停止になったシルクロードと違い、
トーキョーバイクは今では海外にも多くのファンを
持ち20年近く続いている。
自分が好きなものがきちんと人々から支持されて
長く続いているのはやっぱり嬉しい。

それからいろいろあって、
今ではトーキョーバイクがトラベラーズ仕様で
作ってくれたトラベラーズバイクに乗っているわけ
だから、人の好みみたいなものは、歳をとっても
基本的にはずっと変わらないのだなと思ったりする。

さて、そんなトーキョーバイクが、
新しく清澄白河にフラッグシップショップとして
「tokyobike.tokyo」をオープンするということで、
先日お邪魔させていただいた。
倉庫として使われていた古い建物を生かした
シンプルで無垢な空間に、トーキョーバイクに
パーツやバイクグッズがゆったりと並ぶ。
1階にはコーヒーショップ、2階にはメルボルン発
の観葉植物のショップも併設しているので、
例えば店内でコーヒーを飲みながら過ごすことも
できるとても素敵な空間でした。
久しぶりにトーキョーバイクの皆さんと
直接お会いして話ができたのも楽しかったな。

トーキョーバイクとトラベラーズはものづくりの
考えなどに共通する点も多く、共感できる仲間の
ような存在だと思っている。
それにノートと自転車っていうだけで
なんだかワクワクするし、いろいろ落ち着いたら、
清澄白河と中目黒を結んで何か楽しいことができたら
いいな。


20210712e.jpg

20210712d.jpg

20210712f.jpg

20210712c.jpg

20210712a.jpg

コメントを投稿

2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。