ホーム > 文例 > ご挨拶 > 余寒見舞い

文例

余寒見舞い


余寒お見舞い申し上げます。
春とは名ばかりの寒さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで、私は風邪をひくこともなく元気に過ごしています。
桜が咲くころには、またお会いしたいですね。
余寒なお厳しい時節ですので、どうぞご自愛くださいませ。

○月○日

○○

ワンポイントアドバイス

余寒見舞いとは、立春(2月4日頃)を過ぎてもなお寒さが続く時に出すご挨拶です。
2月下旬頃まで出すことができます。

関連キーワード


PAGE TOP