ホーム > ビジネス文例 > 依頼状 > セミナー > 講演会講師の依頼状(取引先の方へ)【ビジネス/フォーマル】

ビジネス文例

講演会講師の依頼状(取引先の方へ)【ビジネス/フォーマル】


拝啓 寒さがひとしお身にしみる今日この頃でございますが、お変わりなくご健勝のことと存じます。
いつも大変お世話になり、ありがとうございます。□□様とお仕事をさせていただくたびに、○○についての知識が深まり、感謝いたしております。
 お察しのように○○の分野は、今後、弊社の事業の三本柱のうちの一つにしてまいりたいと考えております。そこで、社員全員が○○についてもっと理解を深める必要があり、社内研修を予定しております。
 この分野に精通し、かつ現場の事情にお詳しい□□様に講義をお願いしたくお手紙を差し上げました。ご多忙のことは十分承知のうえですが、お引き受けいただけますと望外の喜びでございます。
 つきましては、後日、お目にかかりまして詳細をお話させていただくお時間を賜りたく存じます。何とぞ、ご検討くださいますようお願い申し上げます。  敬具

使用した商品1

MD便箋 コットン 縦罫

ワンポイントアドバイス

人に何かを依頼するときには、手間をかけてしまう相手を気遣い、敬意を表することが大切です。頼りにする理由をしっかりと添えることで、敬意を表することができ、相手も快く引き受けてくれるでしょう。

書く内容のポイントは、次の通りです。

1.目的や事情、現状などを分かりやすく説明する

2.相手に依頼した理由と、「何をしてほしいか」という依頼内容を具体的に述べる

3.後日、電話するのか訪問するのかなど、今後の予定を書いて締めくくる

ビジネスシーンでの便箋の書き方はこちら>> 【ビジネス】便箋の基本

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP