ホーム > 手紙の基本 > 頭語と結語

頭語と結語

手紙は一般的に頭語で始まり結語で終わります。頭語と結語は決まった組み合わせがありますので、覚えておくとよいでしょう。また、丁寧度によってさまざまな種類がありますので、相手との関係や内容に合ったものを選びましょう。

監修:一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子

頭語・結語  一覧表

下表のそれぞれの場合の中でのみ、頭語と結語の組み合わせは自由です。
※赤字はよく使われる組み合わせ例です。)
「かしこ」は女性だけが使える結語で、どの頭語にも使える万能なものですが、女性らしさを強調してしまう
印象になりますので、ビジネスシーンでは避けた方が無難です。
頭語・結語の正しい使い方、組み合わせは「手紙アシスタント」をご利用ください。

種類 頭語 結語
一般的な手紙の場合 拝啓(はいけい)/拝呈(はいてい)/
啓上(けいじょう)/
一筆申し上げます【主に差出人が女性の場合】
敬具(けいぐ)/敬白(けいはく)/
拝具(はいぐ)/
かしこ【主に差出人が女性の場合】
丁寧な手紙の場合
(お客様や目上の方へ)
謹啓(きんけい)/謹呈(きんてい)/
恭啓(きょうけい)/
謹んで申し上げます【主に差出人が女性の場合】
謹言(きんげん)/謹白(きんぱく)/
敬白(けいはく)/
かしこ【主に差出人が女性の場合】
前文を省略する手紙の場合(親しい方への手紙またはお詫び・お見舞いの手紙) 前略/冠省(かんしょう)/
前文お許しください/
前略失礼いたします/
前略ごめんください【主に差出人が女性の場合】/敬具(深いお詫びの場合)
草々/不一(ふいつ)/
かしこ【主に差出人が女性の場合】
急用の手紙の場合 急啓(きゅうけい)/急呈(きゅうてい)/
急白(きゅうびゃく)/
取り急ぎ申し上げます【主に差出人が女性の場合】
草々/不一(ふいつ)/
不備(ふび)/
かしこ【主に差出人が女性の場合】
返信の手紙の場合 拝復(はいふく)/復啓(ふくけい)/
謹復(きんぷく)/
お手紙拝見いたしました【主に差出人が女性の場合】
敬具(けいぐ)/拝答(はいとう)/
敬答(けいとう)/
かしこ【主に差出人が女性の場合】
再信の場合 再啓(さいけい)/再呈(さいてい)/
重ねて申し上げます/
たびたび失礼ながらお便り申し上げま
す【主に差出人が女性の場合】
敬具(けいぐ)/敬白(けいはく)/
拝具(はいぐ)/
かしこ【主に差出人が女性の場合】
面識のない相手に出す
手紙の場合
拝啓(はいけい)/拝呈(はいてい)/
初めてお便りを差し上げます/
突然お手紙を差し上げる失礼をお許し
ください【主に差出人が女性の場合】
拝具(はいぐ)/敬具(けいぐ)/
敬白(けいはく)/
かしこ【主に差出人が女性の場合】

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 2558人中2400人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP