ホーム > 手紙の基本 > 宛名の書き方(封筒)

宛名の書き方(封筒)

宛名は、手紙の第一印象に当たるものです。どんなに内容が良くても表書きが雑であれば好印象になりません。
上下左右1cmほどの余裕を持ち、文字のバランスや大きさを考えながら、楷書で丁寧に書きましょう。

監修:一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子

宛名の書き方(和封筒) 郵便番号枠なし

目上の方や改まった内容は、縦書きが適しています。

和封筒 郵便番号枠なし1
lmanner-7-2

ページ先頭


宛名の書き方(和封筒) 郵便番号枠あり

目上の方や改まった内容は、縦書きが適しています。

和封筒 郵便番号枠あり1
lmanner-7-4

ページ先頭


宛名の書き方(洋封筒) 郵便番号枠なし

親しい間柄の方への手紙や、ちょっとしたお礼状は横書きでもかまいません。

洋封筒 郵便番号枠なし1
洋封筒 郵便番号枠なし2

ページ先頭


宛名の書き方(洋封筒) 郵便番号枠あり

親しい間柄の方への手紙や、ちょっとしたお礼状は横書きでもかまいません。郵便番号枠がある場合は枠の中に書きます。

洋封筒 郵便番号枠あり1
洋封筒 郵便番号枠あり2

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 1403人中1194人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP