ホーム > 手紙の基本 > 便箋の基本

便箋の基本

まずは全ての手紙の基本となる形式を理解しておきましょう。
手紙の定番構成は、前文・主文・末文・後付けの4つのブロックから成り立っています。これは、自分も書きやすく、相手も読みやすいうえ失礼が無い流れなのです。形式に沿うと、どなたでも手紙を簡単に書くことができます。

監修:一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子

【文中に相手の名前や会社名を書く際の注意点】
相手の名前や会社名は、行の中央から上にくるように書きましょう。(敬意表現)
目安としては、名前が行の真ん中にかかっていれば良いです。それより下にくる場合には、改行します。
ただし、改行したときに行の下半分近くに余白ができてしまうと、手紙全体が美しく見えないので、できる限りそのような形にならないように文章を工夫しましょう。

便箋の基本(縦書き)

目上の方や改まった手紙は、縦書きにしましょう。

縦書き
1. 前文

「拝啓」などはじめの挨拶にあたる頭語、今の季節感を伝える時候の挨拶、相手を気遣う言葉(お世話になったときにはお礼を、ご無沙汰している場合にはお詫びなどを)という、3つの要素を書きます。
・頭語 一覧へ>>
・時候のあいさつ 一覧へ>>

お詫びの手紙では、申し訳ないという気持ちを伝えることが最大の目的です。時候のあいさつは書かずに、単刀直入に本題に入りましょう。また、お見舞いの手紙では、相手の体調を気遣う気持ちを伝えることが大切です。
容態や被害の状況に応じて時候のあいさつは省きましょう。

2. 主文

「さて、ところで、実は」などの起語を用いて、手紙の目的・用件を簡潔に述べます。一通の手紙に、用件を2つ以上入れないように気をつけましょう。大事な内容が伝わりづらくなります。

【起語とは?】
起語とは、ここからが用件ですと、知らせるための書き起こしの言葉です。起語から書き始めると、文章の流れが良くなります。
よく使われる起語・・・さて、ところで、実は、このたびは、さっそくですが、突然ですが

3. 末文

結びの挨拶(相手の健康や無事を願う言葉や、用件を総括する言葉)を述べ、頭語に呼応する結語を添えます。
・結びのあいさつ 一覧へ>>
・結語 一覧へ>>

4. 後付

書いた日付、差出人、宛名の3つを書きます。
日付は、正式には年月日を書きますが、月日だけでもかまいません。
また、お祝い事に関するものは、○年○月吉日と書いても良いでしょう。

【手紙のマナー】

ページ先頭


便箋の基本(横書き)

横書きの手紙はカジュアルなものですので、友人や親しい間柄の人に適しています。基本的なルールは縦書と同じですが肩の凝らない手紙にしたい場合は、頭語・結語を省き、簡略化したスタイルでかまいません。親しみのもてる素直な言葉を心がけましょう。ただし、誤字・脱字には注意しましょう。

横書き
1. 前文

横書きでは相手の名前から書き始めましょう。フルネームで書くのが基本です。
頭語は省いてもかまいません。時候の挨拶も、「~の候」ではなく、馴染みやすい表現で。
・頭語 一覧へ>>
・時候のあいさつ 一覧へ>>

お詫びの手紙では、申し訳ないという気持ちを伝えることが最大の目的です。時候のあいさつは書かずに、単刀直入に本題に入りましょう。また、お見舞いの手紙では、相手の体調を気遣う気持ちを伝えることが大切です。
容態や被害の状況に応じて時候のあいさつは省きましょう。

2. 主文

「さて、ところで、実は」などの起語を用いて、手紙の目的・用件を簡潔に述べます。一通の手紙に、用件を2つ以上入れないように気をつけましょう。大事な内容が伝わりづらくなります。

【起語とは?】
起語とは、ここからが用件ですと、知らせるための書き起こしの言葉です。起語から書き始めると、文章の流れが良くなります。
よく使われる起語・・・さて、ところで、実は、このたびは、さっそくですが、突然ですが

3. 末文

結びの挨拶(相手の健康や無事を願う言葉や、用件を総括する言葉)を述べます。頭語を省略した場合、女性は、「かしこ」や「またお手紙書きます」など、カジュアルな表現で締めると良いです。
・結びのあいさつ 一覧へ>>
・結語 一覧へ>>

4. 後付

書いた日付、差出人、宛名の3つを書きます。
日付は、正式には年月日を書きますが、月日だけでもかまいません。
また、お祝い事に関するものは、○年○月吉日と書いても良いでしょう。

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 641人中588人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP