ホーム > 手紙の知識 > 時候の挨拶

手紙の知識

手紙の中で頭語の後にくるのが時候の挨拶です。季節にふれる挨拶は手紙のもっている美しい伝統のひとつです。時候の慣用句もありますが、自分なりの表現で、季節感をうまく工夫して相手に伝えると良いでしょう。また、時候の挨拶のあとには、安否を気づかう挨拶が続きます。ここでは季節感あふれる時候の挨拶をご紹介します。かしこまったお手紙には月ごとの定型句を、親しい方へのお手紙には少しカジュアルな表現を用いると良いでしょう。

基本編(かしこまったお手紙に)

1月 (睦月:むつき) 春の候 新春の候 寒に入り 厳寒の候
初春にふさわしく、のどかな天気が続いています
風花の舞う今日この頃でございます
2月 (如月:きさらぎ) 晩冬の候 向春の候 余寒の候 梅香匂う頃
梅のつぼみもふくらみかけてまいりました
春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました
3月 (弥生:やよい) 早春の候 陽春の候 春和の候 霞立つ春
ひと雨ごとに寒さもゆるみ
日差しが春のおとずれを告げる頃となりました
4月 (卯月:うづき) 仲春の候 春暖の候 桜花爛漫の候 桜花匂う頃
ようやく草木もえいづる季節になりました
すっかり春めいてまいりました
5月 (皐月:さつき) 晩春の候 薫風の候 新緑の候 薄暑の候
風薫るさわやかな季節となりました
卯の花に夏を思う頃となりました
6月 (水無月:みなづき) 向暑の候 入梅の候 長雨の候 初夏の候
雨に紫陽花の花が鮮やかに映える季節となりました
梅雨明けの待たれるこの頃
7月 (文月:ふみづき) 盛夏の候 仲夏の候 真夏の候 早星の候
梅雨明けの待たれる今日この頃
空の青さが夏らしく輝きを増してきました
8月 (葉月:はづき) 残暑厳しき折 晩夏の候 暮夏の候 新涼の候
立秋とはいえ、まだまだ暑い日が続きます
虫の音に秋のおとづれを感じる今日この頃です
9月 (長月:ながつき) 初秋の候 爽涼の候 月愛でる頃 白露の候
秋風が立ちはじめ、しのぎやすい頃となりました
コスモスの花が秋風に揺れる季節となりました
10月 (神無月:かんなづき) 仲秋の候 清秋の候 秋冷の候 紅葉の頃
すがすがしい秋晴れの今日この頃
木々の葉も鮮やかに色づいてきました
11月 (霜月:しもつき) 晩秋の候 向寒の候 落葉舞う頃 初霜の候
秋も深まり朝夕はめっきり冷え込む様になりました
冬が駆け足で近づいてまいりました
12月 (師走:しわす) 師走の候 寒冷の候 初氷の候 年の瀬を迎え
寒さも日毎に増します今日この頃
年もおしせまり、何かと忙しい頃となりました

ページ先頭

 

基本ビジネス編(かしこまったビジネスのお手紙に)

「~の候」という古くからの漢語調の挨拶だけでは事務的な印象を与えてしまいます。
ビジネスだからこそ、ほんのひと手間かける心遣いで、仕事までもできる印象に。ご自分が五感でその時に感じた言葉を加える工夫をしましょう。(監修:船田三和子)

5月 (皐月:さつき)
上旬
行く春を惜しむ間もなく、○○様におかれましては日々ご多忙のことと存じます。そのような中、先日は、○○の件では大変お世話になり感謝いたしております。
八十八夜の別れ霜の言葉のとおり、本格的に暖かくなってまいりました。ますますアクティブにお過ごしのことと存じます。
中旬
目に鮮やかな新緑の候、貴社の皆様におかれましては、清々しく5月をお迎えのことと存じます。
清楚なすずらんを見て、○○様を思い出し、筆をとりました。お元気でいらっしゃいますでしょうか。
下旬
若葉のフレッシュな香りに伸びやかな気持ちになるこの頃。ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
強まる日差しに夏への移ろいを感じる季節を迎え、貴社の皆様におかれましてはエネルギーに満ち、ますますご活躍のことと存じます。

<5月の時候の挨拶のアドバイス>
5月は、緑が美しく、気候としても過ごしやすい一番清々しい季節です。ですから、時候の挨拶では、草木の緑の様子、香り、心地よい風などを表現するとよいでしょう。また、季節の語である、菖蒲・つつじ・すずらん・バラ・立夏・初夏・新緑・若葉など使って、ご自身なりの表現を綴ってみるのもよいですね。
そして、時候の挨拶の後には、先方の健康や安否を気遣う言葉を繋げるのですが、過ごしやすい季節に合わせて、先方が健やかにご活躍している表現を続けますと、読み手に感じの良さが伝わるでしょう。


4月 (卯月:うづき)
上旬
桜花爛漫の候、貴社におかれましてはますます輝かしい春をお迎えのことと存じます。
花冷えの日が続いておりますが、貴社の皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。
中旬
○○様の門出をお祝いするかのように色とりどりの花が咲き乱れております。
新年度がスタートいたしました。気持ち新たに笑顔でご活躍のことと存じます。
下旬
上へ上へと咲いている花水木のように、御社におかれましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
風が春から初夏の香りを運んでくるのを感じる季節。お健やかにお暮らしのことと存じます。

<4月の時候の挨拶のアドバイス>
4月は、さまざまなお花(桜、木蓮、花水木etc)が咲き乱れ、お花を楽しむ絶好の時期ですが、風が吹くとあっけなく散ってしまうのが、春の花たちの特徴です。一般的に言われている時期に合わせて書きますと、既に散っている可能性がございますので、お気をつけてください。時候の挨拶の後には、お相手の健康・安否を気遣う言葉を書くことが一般的ですが、新年度にあたり、お相手がどのような思いでいらっしゃるか、どのような環境にあるかを察し、元気で仕事に励むことができそうな言葉を書くと喜ばれるでしょう。


3月 (弥生:やよい)
上旬
梅の香りが爽やかに漂う春暖の候。貴社の皆様にはお元気でご活躍のことと存じじます。
寒緋桜が目に鮮やかなこの頃。御社におかれましては、ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
中旬
三寒四温を実感する気温差のある季節ですが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
例年より早い桜前線の北上に乗って佐藤様からの朗報の便りが届き、胸を躍らせております。この度は、ご栄転おめでとうございます。
下旬
桃の香り麗しい春分の候。貴社の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
初蝶の姿を見かけ本格的な春の到来を嬉しく感じております。すっかりご無沙汰いたしておりますが、お変わりございませんでしょうか。

<3月の時候の挨拶のアドバイス>
3月は花見月と呼ばれるほど、梅・桃・桜をはじめたくさんの草花が咲き誇る季節。その年の気候によって開花時期が変わりますので、ご自身で観察した植物の様子を言葉で表現しましょう。また、変化の時期でもありますので、環境が良い方向に変わる方には、そちらにかかるような華々しい季節の表現を入れるのもおすすめです。

ページ先頭


応用編(親しい方へのお手紙)

春のはじまり~春本番 (3~4月)
ひな祭り、ホワイトデー、お花見、新入学、人事異動
春らんまんの季節になりました。お嬢さんのご卒業、おめでとうございます。
東京では桜が咲きました。今年はたくさんお花見できそうですか。
新入学シーズン、初々しいフレッシャーズの姿を見かけるようになりました。
初夏 (5~6月)
ゴールデンウィーク、こどもの日、母の日、梅雨入り、父の日
もうすぐゴールデンウィーク!今年のご予定はお決まりですか。
風薫るさわやかな季節、今年はじめて、半袖のシャツを着て歩きました。
外は今日も雨降りです。梅雨明けが待ち遠しいこの頃、○○さんはいかがお過ごしですか。
夏~盛夏(7~9上旬)
七夕、お中元、花火大会、お盆、夏祭り、お月見
庭のひまわりの花が見事に咲いています。もうすぐ夏本番ですね。
ここのところビール日和。お風呂上りの夜風が肌に心地よく感じられます。
暑さが厳しくなりました。その後、お変わりありませんか。
秋(9月中旬~11月中旬)
敬老の日、秋分の日、体育の日、ハロウィン、七五三
季節はすっかり秋。空が高く、気持ちのいい日がつづきます。
食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・。○○さんはどんな秋をお過ごしですか。
朝晩はだいぶ涼しく感じられるようになりましたね。1日1日秋が深まっていくようです。
冬のはじまり~冬(11月下旬~2月)
ボジョレー・ヌーボー解禁、勤労感謝の日、紅葉、お歳暮、節分、立春、バレンタインデー
朝晩の冷え込みが厳しいこの頃、お鍋が恋しい季節ですね。
週末、山のほうまで紅葉狩りに出かけました。日本の四季は美しいですね。
ここのところ風邪をひいている人が多いようです。○○さんはお変わりありませんか。
年末年始 (12中旬~1月中旬)
クリスマス、忘年会、御用納め、正月、御用始め
早いものでもうすぐ年の瀬。毎日あわただしくお過ごしのことと思います。
あけましておめでとうございます。お正月はゆっくり過ごせましたか。
またひとつ、新しい年を迎えました。今年はどんな1年になりそうですか。

ページ先頭


PAGE TOP