ホーム > くらしの文例 > お祝い > 結婚のお祝い > 【文例】結婚のお祝い-3(学生時代の友人へ・金封に添えて)

くらしの文例(お祝い)

【文例】結婚のお祝い-3(学生時代の友人へ・金封に添えて)


〇〇さん
ご結婚おめでとうございます
将来どんな家庭を築いていきたいか みんなで熱く語り合った学生時代を懐かしく思い出しました
たくさんの幸せに包まれるようこころより願っています
友人一同より


金封包みセット

【使用した商品】

一筆箋 花色ノキモチ (20413006)

バラの花びらをあしらった、女性らしいデザインの一筆箋です。50枚入りです。

PC 金封 結婚祝 桜ピンク柄 (25144006)

立体的な花のシールをあしらった結婚祝の祝儀袋です。4枚の短冊(寿、御結婚御祝、Happy Wedding、無地)と中袋がセットになっています。

ワンポイントアドバイス

(1)句読点はつけない
句読点は区切りの役割があることから、『終止符を打つ』、『終わり』などの意味を連想させてしまうので、結婚のお祝いに関する文章には句読点はつけません。空白や改行で代用しましょう。

(2)忌み言葉(いみことば)、重ね言葉は使わない
人の不幸や不吉、物事の終わりや、離婚、再婚などを連想させるような言葉を使用するのは避けましょう。

忌み言葉の例:
終える、破れる、別れる、切る、離れる、割れる、去る、再び、戻る、飽きる、冷める、流れる など

重ね言葉の例:
時々、日々、たびたび、しばしば、重ね重ね、ますます、くれぐれも、たまたま、次々 など

関連キーワード

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 2人中2人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP