ホーム > くらしの文例 > お悔やみ > 親しい人へのお悔やみ > 【文例】お悔やみ-8(遠方に住む友人のご家族へ・お花料に添えて)

くらしの文例(お悔やみ)

【文例】お悔やみ-8(遠方に住む友人のご家族へ・お花料に添えて)


〇〇 〇〇様
突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。
お子様も生まれ、ようやくこれからという時での旅立ち、〇〇の無念や残されたご家族様のことを想うと胸が痛みます。
遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。
△△ △△


封包みセット

【使用した商品】

MD一筆箋 コットン(89471006)

コットン紙の柔らかな白さと、上品な書き心地を愉しめる特別な紙を使用しています。 余白を多くとったフォーマットは、幅を広めにとった淡いブラウンの10mm罫で、ゆったり余裕をもって書くことができます。

PC 金封 お花料 白 (25069006)

立体的なゆりの花をワンポイントであしらいました。キリスト教の通夜・告別式・法要時にご使用いただける金封です。

ワンポイントアドバイス

(1)忌み言葉(いみことば)、重ね言葉は使わない
人の不幸や不吉、物事の終わりや、繰り返しなどを連想させるような言葉を使用するのは避けましょう。

忌み言葉の例:
終える、破れる、別れる、切る、離れる、割れる、去る、再び、戻る、飽きる、冷める、流れる など

重ね言葉の例:
時々、日々、たびたび、しばしば、重ね重ね、ますます、くれぐれも、たまたま、次々 など

(2)真っ白な便箋を使用する
お悔やみの文章を書く便箋や一筆箋は、柄付きや色のあるものは避けましょう。

関連キーワード

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP