ホーム > くらしの文例 > イベントのお便り > 敬老の日のお手紙 > 【文例】敬老の日のお手紙(離れて暮らす祖父母へ)

くらしの文例(イベントのお便り)

【文例】敬老の日のお手紙(離れて暮らす祖父母へ)


拝啓 9月も半ばを過ぎましたが、まだまだ暑い今年の夏。
お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、お変わりありませんか。
 夏休みに家族全員で遊びに行ったときには、変わらぬ元気なお姿にホッとしました。
お祖父ちゃんが○○に野球を教えてくれている姿は、年齢を感じさせない若々しさで驚きました。
○○も「お祖父ちゃん、格好いいね。もっと野球を教わりたい。将来はプロ野球選手になりたい」と、
言っています。これからも、○○の野球指導と応援をよろしくお願いいたします。
お祖母ちゃんは、相変わらずお肌がきれいでお洒落で、私の自慢です。
 いつまでも、お二人の元気なお姿に会いたいです。
長生きしてくれることが、私たち家族や親戚みんなの幸せです。
次は、お正月に帰省します。今からお会いできるのを楽しみにしています。
 それでは、食欲の秋ですので、美味しいものをたくさん食べてますます元気でいてください。 かしこ
  平成◯◯年9月◯◯日
                                    山田聡子
山田一郎様
  花子様

【使用した商品】

紙シリーズ 便箋

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>
このページは役に立ちましたか? はい いいえ 44人中26人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP