ホーム > 仕事の文例 > 依頼・招待 > 依頼(新規) > 【文例】久しぶりの方へ セミナー講師の再依頼

仕事の文例(依頼・招待)

【文例】久しぶりの方へ セミナー講師の再依頼

□□先生、昨年のセミナー以来、大変ご無沙汰しております。その節は、素晴らしいご講義をありがとうございました。前回のセミナーでお聞かせくださった新入社員の頃のお話は、日常業務にとても活用できる内容ばかりで、早速後輩たちにお伝えし実践するよう指導しております。おかげさまで、新入社員をはじめ若手社員たちの仕事への姿勢が大きく変わり、成長いたしました。感謝の気持ちでいっぱいでございます。
さて、このたび、ご相談事がございましてお手紙を差し上げました。昨日、社内におきまして本年のセミナー開催に関する事項が決定いたしました。そこで、昨年も受講者に好評でした「〇〇〇〇セミナー」を□□先生にご担当いただきたく、社内満場一致で切に願っております。ご多用のところ恐縮ですが、お引き受けいただければ幸いに存じます。

ご注意:
「頭語」や「結語」「時候のあいさつ」に関しては省略していますので、必要な方はこのサイトの「手紙の基本」ページ、または「手紙アシスタント」を参考にしてみてください。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP