ホーム > 仕事の文例 > ご挨拶 > 新任/転任/退職/退任 > 【文例】転任のあいさつ(役職がある取引先の方へ)

仕事の文例(ご挨拶)

【文例】転任のあいさつ(役職がある取引先の方へ)


謹啓 晩秋の候、貴社ますますのご繁栄の段、お慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを頂戴し、深く感謝いたしております。
 さて、私儀、○月○日付で、弊社東京本社への転勤を命ぜられ、このほど無事に着任いたしました。
横浜支店在勤中は、公私にわたりご厚情を賜り、心からありがたく謹んでお礼を申し上げます。
 本来ならばお目にかかってごあいさつを申し上げるべきところを、
急きょこちらにまいり、心ならずも失礼いたしましたことをお詫び申し上げます。
新地でもこれまでの経験を生かし精一杯努力をしてまいる所存でございますので、
何とぞ変わらぬご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
 なお、後任に○○が就任いたしますので、お引き回しのほどお願いいたします。
 まずは書面にてごあいさつとさせていただきます。 謹白

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>

ワンポイントアドバイス

社外の方へのあいさつ状は、主に仕事の状況に変化があったときにお送りするものです。
形式を大切にしながらご自身の言葉を綴り、失礼にならない文章を書きましょう。
書く内容は、
1.知らせたいことを簡単な理由とともに説明します。「~のため、・・・となりました」など。
2.次に、これまでの感謝の気持ちを述べ、これからも変わらぬ支援を願う言葉を書きましょう。
具体的なエピソードがあるとより良いです。
3.そして、新しい環境に移る場合には、これからの抱負を述べたり
相手とのご縁を大切にする言葉を書くと好印象です。
4.後任者の紹介も入れたほうが親切です。
5.文末には、新勤務地の住所・連絡先・所属などの情報を略せず正確に書きましょう。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 24人中23人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP