ホーム > 仕事の文例 > ごあいさつ > 新任/転任/退職/退任 > 【文例】役員退任のあいさつ(取引先の役員の方へ)

仕事の文例(ごあいさつ)

【文例】役員退任のあいさつ(取引先の役員の方へ)


謹啓 春爛漫の季節を迎え、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 いつも大変お世話になり、誠にありがとうございます。お知らせしたいことがございまして、お手紙を差し上げました。
 私事で恐縮ですが、○月○日をもちまして任期満了となりますため、現在の役職を退任することになりました。役員としての二年間は、□□様と仕事のお話をする機会も多く、ご指導ご鞭撻をいただき感謝いたしております。おかげさまで、任務を遂行することができたのだと思っております。
 今後、立場は変わりますが、弊社において相談役としてまだまだ仕事を行ってまいります。引き続きお世話になりますが、何とぞよろしくお願い申し上げます。
 またお目にかかることを、心から楽しみにいたしております。
 春光を受けて、貴社のより一層のご発展をお祈り申し上げます。
 略儀ながらお手紙にてご報告とさせていただきます。 謹白

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>

ワンポイントアドバイス

取引先をはじめ社外の方へのあいさつ状は、形式にのっとった文章で書き、敬意を表することが大切です。何のあいさつ状なのか意図が分かるように記し、これまでの感謝の気持ちも添えると好感を持たれる手紙になるでしょう。

書く内容のポイントは、次の通りです。

1.時候のあいさつに続いて、日頃お世話になっている感謝の言葉を書く

2.知らせたいことをはっきりと書く。また、そのいきさつや理由も添える

3.今後の予定や抱負を述べる

4.変わらぬ厚いよしみや支援などを願う言葉を添える

5.先方の繁栄を願う言葉で締めくくる

ビジネスシーンでの便箋の書き方はこちら>> 【仕事】便箋の基本

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 3人中3人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP