ホーム > 手紙の達人コラム > 手紙の達人コラム 7月23日は、ふみの日です

手紙の達人コラム

手紙の達人コラム 7月23日は、ふみの日です

手紙好きのみなさんは、「ふみの日」について、聞いたことがあるでしょう。
ふみの日とは、郵政省が制定した7月23日の手紙記念日のこと。
旧暦7月を文月と呼ぶことにちなみ、また23日は「ふみ」の語呂から、この日に制定されたといいます。

キャンペーンの一環として「ふみの日」切手が発売されるほか、郵便局によって特別な消印の押印サービスがあるなど、毎年楽しみにしている方も多いと思います。

今年(2011年)は、東日本大震災の影響で、ふみの日切手の発売が中止になりました。
ここ数年のふみの日切手は、百人一首とその作者が描かれた人気シリーズでしたね。
わたしも好んで使う切手のため、発売中止はとても残念ですが、その一方で、6月には東日本大震災の被災者救助等に役立てられる寄付金付きの記念切手が発売されました。

こちらはやさしい色合いが特長の、幸せを運ぶデザインです。
通常、封筒に貼る80円切手が1枚100円。1シートで1000円(デザイン5種で各2枚)。1枚あたり20円が寄付金として役立てられます。
ビジネスで使う事務用封筒でも、プライベートで使うレターセットでも、老若男女を問わず、どんなシチュエーションでも喜ばれること請け合いです。
1枚からでも購入できます。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 6人中5人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP