A HISTORY of MIDORI | ミドリについて | ミドリ - MIDORI - 「デザイン文具」の総合メーカー

A HISTORY of
MIDORI

1950s

  1. 1953 テレビ放送開始
  2. 1954 丸ノ内線営業開始
  3. 1958 東京タワー完成

1950

株式会社みどり商会設立。
飛脚印の便箋から「ミドリ」はスタートしました。

1951 自由日記

創設間もない頃、
「便箋と日記のミドリ」と言われた
ゆえんとなるフリータイプの日記が誕生。

1952 ビジネスダイアリー

まだ企業手帳がなかった時代に、
某自動車メーカーに採用されたことから
「ミドリ」のビジネスダイアリーの歴史が始まりました。

※上記の製品画像は発売当時のものと異なります。

1960s

  1. 1960 カラーテレビ放送開始
  2. 1964 東海道新幹線営業開始
  3. 1964 東京オリンピック開催
  4. 1969 東名高速道路開通

1960 連用日記(幾歳月)

1ページに複数年にわたって
同じ日付の日記を書き込んでいく「連用日記」。
この時代にすでにミドリは発売していました。

1961 ダイヤメモ

当時のメモとは電話の横に据え置かれたていたもの。
それを外出先でも使えるように考案した、
日本初の持ち歩き用メモが誕生しました。

57

57年以上もロングセラーで
あり続けたのには理由があります。

日本が高度経済成長の真っただ中にあった1961年、当時のメモといえば、電話の横や机上に置いて使うものが一般的でした。持ち歩きに便利な両面使えるメモ、汗にも強い表紙素材。ワイシャツの胸ポケットにぴったりサイズ。日本で初めての持ち歩き用のメモDiamond Memoが誕生しました。

1963 社名変更

株式会社ミドリに社名変更

1964 流山工場が完成

各種印刷や製本、加工機能に加え、商品管理の拠点ともなる流山工場が完成。
製品開発へのさまざまなチャレンジと品質向上への取り組みを、
今もこの自社工場が支えています。

1970s

  1. 1970 大阪万国博覧会開催
  2. 1973 第1次オイルショック
  3. 1978 成田空港開港

1970 デコレーションシール

ガラスの自動ドアが日本に普及したとき、
ぶつかる人が大勢いたので開発された両面絵柄入りのシール。
目印として喫茶店などで使われ、大きなヒットとなりました。

1971 グルービーケース

日本中の子どもたちがランドセルや手提げ鞄のかわりに、
抱きかかえていた厚紙製の箱型ケース。
昭和の大ヒット文具の1つと数えられ、
1988年まで製造を続けました。

1979 グリーティングレター

便箋と封筒をはじめからセット販売してみようと考え、
初めてのレターセットを考案。
若年層にファンを広げる契機となったアイテムです。

1980s

  1. 1982 東北新幹線、上越新幹線開通
  2. 1983 東京ディズニーランド開園
  3. 1989 消費税導入
  4. 1989 平成に改元

1980 カラー色紙

市場初のカラー色紙を提案。
「ミドリ」のカラー色紙はここから始まりました。

色紙は白くて四角いという固定概念を打ち払い、「より華やかに祝いの気持ちを表せる」と、1980年に市場初のカラー色紙を発売しました。最初に発売したのは、薄いピンクの地にハート模様をあしらった「ハート柄」や優しい水玉模様など6点ほど。キャラクター全盛時代に、敢えて大人っぽいデザインを打出しました。その後も、ハートや花の形に抜いた「ダイカット色紙」や「シール付き色紙」など、「ミドリ」の色紙は40年近くもの間、さまざまなチャレンジを続けています。

1987

現在の「ミドリ」ロゴマーク誕生

1989 プロフェッショナルダイアリー

年配者向けばかりだったビジネスダイアリー市場に対して、
若者や女性に向けての開発に着手。
独創的なA5スリムサイズや当時開発したフォーマットなどは
今も健在です。

1990s

  1. 1991 バブル崩壊
  2. 1993 サッカーJリーグ開幕
  3. 1998 長野冬季オリンピック開催

1990 レターカッター

刃に手が触れない安全設計で、ゴミを出さずに開封できる
レターオープナーを開発。その後グッドデザイン金賞、
デザインプラス賞、2005年にはロングライフデザイン賞を受賞しました。

1990年に『スタンデックス レターカッター』発売。封筒をペーパーナイフのように開封出来ないかというアイデアのもと、封筒の上部に沿ってスライドするだけで切りくずを出さずに開封できる新機構を開発しました。その4年後1994年には改良版『レターカッターⅡ』を発売。ガイド板を透明にすることで切り口を分かりやすくし、ボディも丸みを帯びたデザインに変更。2017年にはカラーラインアップを見直し『レターカッター』としてリニューアル。現在のマットな「黒」と、透明感のある「ピンク」、「青」の3色展開に。

1991 スタンデックス テープディスペンサー

吸盤を使用して本体を固定するタイプのテープディスペンサーを開発。
ダイヤルを回すことで吸盤機能が働き、
サイドデスクなどの側面に簡単に固定できる画期的な機能が注目を集め、
1992年にグッドデザイン賞、デザインプラス賞、アイ・エフ賞を受賞しました。

1992 エンボッサー

立体的なイニシャルや絵柄の刻印(エンボス加工)を
カートリッジ化することにより、手軽で身近なものにした画期的な製品。
1993年にグッドデザイン賞、アイ・エフ賞を受賞し、
現在でも人気のロングセラー商品です。

1993 カラーステーショナリー

ホッチキスやハサミといった基本文具にスケルトンカラーを採用。
デザインと機能の融合で、幅広く愛される
定番文具の新しいステージを確立しました。

1993 ポケットダイアリー

中紙は共通、表紙デザインだけが異なる手帳しかなかった時代に、
全ページのデザインが違う手帳を市場に提案。
女性ユーザーの強い支持を獲得しました。

1994 ライトマンII/ライトマンIII

大ヒットした初代ライトマンを時代に合わせてリメイクし、
当時高級家電などで使われていたシボ塗装を全面に施した、
高級感溢れる筆記具セット。
1995年にグッドデザイン賞、デザインプラス賞を受賞しました。

1998 ミニクリーナー

消しカスやちょっとしたデスクのゴミを掃き取るのに活躍。
今も安定した人気のロングセラーはこの年の発売です。

MORE

2000s

  1. 2002 FIFAワールドカップ日韓開催
  2. 2008 米国リーマンブラザーズ経営破たん
  3. 2009 裁判員制度スタート

2000 ペーパークラフト 金封

立体感のあるペーパークラフトで上質感を演出。
保守的であった金封市場に新しいデザインを打ち出した
PC金封シリーズが始まりました。

400万枚

ミドリではそれまでシンプルだった金封に「熨斗」「短冊」「水引」など祝儀の基本はそのままに、立体感のある素材や加工を施したモチーフをあしらって、お祝いの気持ちを表現しました。結婚祝い、出産祝い、さまざまな行事のお祝いなど豊富なラインアップを展開しています。
『PC 金封 ご出産祝 白』は“赤ちゃんのはじめての一口に銀のスプーンを使うと一生、生活に困ることはない”そんな言い伝えにちなんだデザイン。好評につき発売からの売り上げ枚数は400万枚を超えるロングセラーになりました。

2001 マルチ定規

折りたためばペンケースに収まるコンパクトな30cm定規。
今も安定した人気のロングセラー製品の誕生です。

MORE

2002 ペーパークラフト シール

さまざまな素材、加工を組み合わせた
ハンドメイドのシールを提案。
「ミドリ」の人気シリーズとなりました。

MORE

2006 紙シリーズ

和紙に四季折々の花々が、大胆な構図でデザインされた季節の便箋、封筒。
いまも多くのファンの方に支えられる「紙シリーズ」はこの年の誕生です。

MORE

2006 スイングバード

起き上がりこぼし構造のヒヨコ型修正テープ。
2006年度グッドデザイン賞を受賞しました。

MORE

2006 トラベラーズノート

社内コンペから生まれた『トラベラーズノート』はこの年の発売。
その後、「ミドリ」から「トラベラーズカンパニー」ブランドに
変更しました。国内外にたくさんのファンがいます。

MORE

2007 社名変更

ブランド名「ミドリ」はそのままに、
社名を株式会社デザインフィルへ変更しました。

2008 MDノート

1960年代から特別抄造している
筆記特性にすぐれた「MD用紙」。
この紙を生かして「書き心地の良さ」を追求した
『MDノート』が誕生しました。

MORE

2008 ディークリップス

ふつうのゼムクリップがデザインと出会うことで、
捨てられないクリップに。
文具専門店以外の雑貨店へも広く普及する
ヒットアイテムとなりました。

MORE

2008 きれいな手紙が書ける便箋

手紙を書いたことがない人が増えているという問題を捉え、
「初めてでも、正しくきれい書ける工夫」が詰まった便箋を開発。
またたく間に「ミドリ」を代表する便箋となりました。

MORE

2008 シール付色紙

配布したシールにメッセージを書くことで、
寄せ書き色紙を「きれいに効率的に」作れるようにした
画期的な色紙を市場に打ち出しました。

MORE

2008 ペーパークラフト ミュージアム

選ぶ楽しさ、つくるワクワク、贈るよろこびをテーマとした、
暮らしの中のやさしい気持ちを表現するペーパーコミュニケーションアイテムを
新たなシリーズとして立ち上げました。

MORE

2010s

  1. 2010 小惑星探査機「はやぶさ」帰還
  2. 2012 東京スカイツリー開業
  3. 2013 富士山が世界遺産登録

2010 オリガミオリガミ

プチギフトのラッピングやテーブルアレンジなど、
気持ちを伝えるひと工夫にオリガミを。
デザインの力で伝統的なアイテムに新たな命を吹き込みました。

MORE

2011 暗記ノート

赤いチェックシートをノートにドッキングさせた、暗記のための専用ノート。
ありそうでなかったこのアイデアは特許取得に至りました。

MORE

2013 片面透明ふくろ

袋に入れるだけで、ステキでかわいい贈り物に。
発売と同時に大ヒットとなり、
文房具市場におけるプチギフト需要を拡げる契機となりました。

MORE

2016 XSステーショナリー

ロングセラーの「カラーステーショナリー」シリーズの
後継として、次は「世界最小クラス」をテーマとした
「機能とデザインの融合」への挑戦が始まりました。

MORE