• 特集バックナンバーはこちら

祝儀の基礎知識

結婚や出産、入学や就職など、人生の節目節目に贈る祝儀。その由来や意味、金額の相場などをご紹介します。

のしの由来

のしは、元はあわびの肉を薄くそぎ、火熨斗(アイロンのようなもの)で引き伸ばして、乾燥させたものを使用していたそうです。日本では古来より、祝い事の際にはお酒と海産物を贈る習慣があり、その中でもあわびは最高のものとされていたため、あわびの代わりにのしあわびをつけることで、心を込めた最高のおくりものという意味合いを持たせたといわれています。
こののしあわびは、やがて紙で代用されるようになり、現在の形になりました。現在では、紙を折ったものや、印刷であらわすものがあります。

包みと折り

地域によってのし袋の折り方が異なる場合があります。
関西圏では「ふろしき包み」と呼ばれる折り方、関東圏では「たとう折」「たとう包み」と呼ばれる折り方があります。
のし袋の原型といわれる「金子包み」では、中包みを「ふろしき包み」、外包みを「たとう包み」にすると決められていたといわれています。その後、地域によってそれぞれの包み方が定着したようです。

折り返しの重ね方

お渡しするとき、間違ってはいけないのが「折り返し」。
祝儀の場合は、「幸せが受け取れるように」、または「天を仰いで喜びを表す」などの意味から、裏の重なりを上向きにして重ねます。
逆に不祝儀の場合は、「悲しみを受け流す」「悲しみが再び起こらないようにする」などの意味から、裏の重なりは下向きにします。
どちらだかわからなくなってしまったら、この由来を思い出せば簡単。急な用意のときにも、間違いのないように由来から覚えておきましょう。

祝儀の場合/不祝儀の場合

水引の形

包んだ和紙を結び止めるものとして使用されるようになった水引。和紙を縒って紙縒り(こより)状にし、よりが戻らないように水のりを引いて固めたことから、水引と呼ばれるようになったそうです。
ただ、金額が少ないときや改まった感じにしたくないとき、また、略式のお祝いなどには水引はなくてもよいことになっています。

  • 花結び/蝶結び
    結び目が簡単にほどけ、さらにもう一度結びなおすことができるため、何度繰り返しても良いお祝いに使われます。(出産・進学・入学のお祝いなど。婚礼のお祝いにはNG)
  • 結び切り
    一度結ぶと簡単にはほどくことができない、元に戻せない結び方。このことから、二度と繰り返したくないことに使用します。(結婚や全快祝い、弔事など)
  • あわじ結び
    結び切りの変形で、あわびの形を模した結び方です。こちらも、簡単にほどくことができないということから、二度と繰り返したくないことに使用します。(結婚や全快祝い、弔事など)

金額の相場(結婚式のお祝金)

お祝いでは新札を用意しましょう。
金額は数字にも気をつけましょう。「4」や「9」は「死」「苦」を連想させるので、お祝いでは絶対に避けましょう。
また、偶数は「割れる、別れる」を意味するので、避けるべきだとされていますが、最近では「2」を「ペア」と考える傾向があるため、使われることも多くなっています。たとえば2万円を、1万円札1枚と5千円札2枚にするなどして、札の枚数を奇数にすることで偶数を避けるという方法もあります。また、偶数の中でも「8」は末広がりの意味を持つので例外とされています。
お金を中包みに入れるときは、表向きに、人物を上にして入れます。

  • ・図表内の相場金額は弊社アンケート結果によるものです。
  • ・図表内の空欄はアンケートの有効回答数に満たなかった箇所です。
贈り先 年齢別 東西別
20歳代 30歳代 40歳代 50歳以上 関東 関西
勤務先の同僚 3万円
(5千円)
3万円
(5千円)
(5千円) 2万円 3万円
(5千円)
3万円
(5千円)
勤務先の部下 3万円
(5千円)
3万円
(5千円)
3万円
(5千円)
3万円
(1万円)
3万円
(1万円)
3万円
(2万円)
取引先     3万円 5万円 3万円
(1万円)
3万円
兄弟・姉妹 10万円 10万円     10万円 5万円
甥・姪   5万円 10万円 10万円 10万円 10万円
いとこ 3万円
(1万円)
3万円
(1万円)
3万円   3万円
(1万円)
3万円
(1万円)
友人・知人 3万円
(1万円)
3万円
(1万円)
3万円
(1万円)
3万円
(1万円)
3万円
(1万円)
3万円
(1万円)
その他の親戚     5万円
(1万円)
5万円 5万円
(1万円)
5万円
隣・近所     (5千円) 3万円
(1万円)
1万円 3万円
(1万円)

※()内は、披露宴に出席しなかった場合の金額

金額の相場(葬儀の弔慰金(ご香典))

お祝い事とは逆に、不祝儀の場合は新札ではなく使用済みのお札を贈りましょう。新札を用意すると、急な不幸にも関わらず事前に用意していたと思われ、失礼に当たるので気をつけましょう。
また、お金の入れ方も逆になります。裏返して中包みに入れましょう。

  • ・図表内の相場金額は弊社アンケート結果によるものです。
  • ・図表内の空欄はアンケートの有効回答数に満たなかった箇所です。
贈り先 年齢別 東西別
20歳代 30歳代 40歳代 50歳以上 関東 関西
勤務先の上司 3千円 5千円 1万円 1万円 1万円 5千円
勤務先の同僚 3千円 5千円 5千円 5千円 5千円 5千円
勤務先の部下     5千円 1万円 5千円 5千円
勤務先社員の
家族
3千円 5千円 5千円 5千円 5千円 5千円
取引先   5千円 1万円 1万円 1万円 1万円
祖父母 1万円 1万円     2万円 1万円
両親   10万円 10万円 10万円 10万円 10万円
兄弟・姉妹   5万円   3万円 5万円 3万円
おじ・おば 1万円 1万円 1万円 1万円 1万円 1万円
その他の親戚 1万円 1万円 1万円 1万円 1万円 1万円
友人・知人   5千円 5千円 5千円 1万円 5千円
友人・知人の
家族
3千円 3千円 5千円 5千円 5千円 5千円
隣・近所 5千円 5千円 1万円 5千円 5千円 5千円

金額の相場(法事時の御供物料)

  • ・図表内の相場金額は弊社アンケート結果によるものです。
法要 最多回答額 第2位回答額 第3位回答額
四十九日 1万円 5千円 2万円
一周忌 1万円 5千円 2万円
三回忌 1万円 5千円 3万円
その他の法要 1万円 2万円 3万円
  • 祝儀の基礎知識
  • 表書きの書き方
  • ふくさの使い方
  • シーンや用途に合わせた祝儀袋選び