« カッパドキアの話の続き | メイン | TRAVELER'S PRESS 校了 »

Do It Yourself


 

 

イベント準備のため、デザインフィル流山工場へ

行ってきました。壁になる板をペンキで塗ったり

棚を作ったりする作業をするためです。


まずは、ホームセンターで材料の買い出し。

工場の近くに何軒かある中で一番大きな

ホームセンターに行ったのですが、ここはすごい。

さまざまな木材に玄関のドアやトイレの便器から、

配水管や鉄筋まであるんですね。

やる気さえあれば、ここで材料を揃えて家が一軒

建ってしまいそうです。

まさにDo It Yourselfを喚起させてくれるお店

でした。


今回のイベントでも私たちがこだわっているのが、

このDo It Yourself精神。出来る限り自分達の

出来ることは自分達でやってしまおうということ。

これは、予算上の理由であったりもするのですが、

もっと大きな理由は、私たち自身で作ることで、

より自分達の伝えたいことがぶれることなく

高い密度で表現できるということです。


壁や棚を作るのも、専門家に頼んだ方が、

きれいなものが出来るのかもしれませんが、

荒削りであっても、自分達で作ったり、書いたり、

話すことが一番強いメッセージを発信することが

できる。このパンクロック的な精神を常に持って

いたいと考えています。


これは、さまざまな協力をしてくれる仲間たちの

存在があるから成し遂げられる事でもあります。

流山工場には、木工が得意なスタッフが何人か

いて、棚作りを手伝ってくれています。また、

今回壁に塗るペンキは、お世話になっている

カラーワークス様よりご協力いただきました。


安直に専門家に外注したりせずに、

みんなの協力やアドバイスを受けながら、

自分達自身で作ることで経験値を増やしていく。

そうすることで自分達で出来ることのレベルを

少しずつ上げていく。

決して効率的なやり方ではないのかもしれませんが

Do It Yourselfで出来ることにこだわりながら

地に足をつけて、ゆっくり成長していくことが

大事だと考えています。


でも、本当のことを言うと、自分達でやるのが

楽しいからというのは一番の理由なのかも。

こんなに楽しいことを人にやってもらうなんて

もったいないのです。

 
 
 
 

コメントを投稿

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。