« 新しい旅がはじまる。 | メイン | 春のイベント散策 »

Live in Tokyo

 

 

 

「90年代はオーディエンスが主役となる時代」

これは、ストーンローゼズが1990年に宣言した

言葉です。ステージはバンドだけが作るものでは

なく、オーディエンスと共有し作っていくもの

であり、「オーディエンスと磁場を共有して得る

巨大な上昇体験」と定義していました。

この言葉は、その後のロックやロックフェスの

思想に大きな影響を与えていきました。


ロックが好きなので、いろいろなことをロック

に例えて考えてしまうクセがあるのですが、

トラベラーズノートもこの考え方を抜きにして

今のようにはなれなかったと思います。


インターネットの登場で、発信側と受け手側は

入れ替わりながら常に相互にコミュニケート

できるようになりましたが、やはりリアルな場

であるライブはより大きな磁場を作り上げます。


今回のスパイラルイベントは、まさにライブ。

お客様と私たちが同じ磁場を共有していることを

体感することができました。

トラベラーズノートの場合、使い手は同時に

作り手でもあります。私たちが作ったものを

お客様がわくわくするのと同時に、お客様の

カスタマイズや使い方に私たちもまたわくわく

する。そんなことを体験しながら、最初に書いた

ストーンローゼズの言葉を思い出しました。


そのイベントのことを紹介します。

入り口正面のテーブルには、カスタマイズ用の

スタンプ、試し書き用の見本やサンプル、そして

トラベラーズプレスが置いてあります。

お客様がご自分のトラベラーズノートを鞄から

取り出して、スタンプを押している姿を多く

見る事が出来ました。お客様どうしも他人が

どんな風に使っているか気になります。

お互いのノートを見せあいながらスタンプを

押しているのが印象的でした。

 

 

 

その裏は、今回のイベントのための買い付けを

したアンティーク商品が置いてあります。

昔から使われて来た歴史を感じるものを

少しだけさりげなく、日常の生活に取り入れて

もらえたら、素敵だと思いこれらを並べました。

 

 


続いてその奥のテーブルには、カスタマイズ

グッズとアアルトコーヒートラベラーズ

ブレンド。

 

 

 

 

壁際に、トラベラーズノート、スパイラル

リングノート、クラフトエンベロップ、

ブラスプロダクト、そして、トラベラーズ

セレクトの書籍を並べました。

 

やっぱりライブはいいですね。

今度は、日本各地でライブ巡業...なんて

出来たらいいなあ。

 

 

 

コメント (2)

sho:

是非、大阪にきてください!冊子も欲しいです!東京以外の方でも手に入るようにトライしてほしいですね!

iijima:

sho様、そうですよね。今年はなんとか関西でも出来るようにがんばります。
あとは、トラベラーズプレスなども来られない方が手に入れらる方法、考えてみたいと思います。

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。