« そうじとカフェとバイキング | メイン | cafe vivement dimanche (鎌倉) »

ブランコ

 

 

 

通勤の途中に公園があります。

そこは、遊具はブランコと滑り台しかなく、

他にはベンチがぽつんとひとつだけある、

住宅街の一角によくあるような小さな公園です。


その公園の前を通ると、朝にもかかわらず、

高校生らしき女の子がひとりブランコに

のっているのをよく見かけました。

しかものんびり座り揺られているという感じ

ではなく、力強くかなり高くまでこいでいます。


きっと学校ははじまっている時間。

どうして、朝のこの時間にひとりブランコにのって

いるのだとうかと考えると、ブランコにのりたい

からというよりも、何かを忘れるか、何かから

逃れるためだということを想像し、少し切ない

気分になりました。

 

そんなある日、いつもの朝の通勤の途中、

公園の前を通ると、女の子のそばに2人の

警察官が立ち、大きな声で詰問しているのを

見かけました。

警官の問いかけに対し、最初は無言で下を

向いていた女の子は、しばらくすると、大きな

叫び声をあげて泣き出しました。

そして、警官を振り払い逃げ出そうとしました。


警官は、女の子の腕をつかみ、さらにきつい

声でどうして逃げようとするんだと、問い詰め

ていました。


たしかに、高校生の女の子が朝の8時過ぎ、

公園のブランコに一心不乱でのっている光景は、

ちょっと普通ではなく、警官がそれについて

理由を訪ねるのも素直な正義感や世話心から

くるものだと思います。


ただ、授業を少しだけさぼって公園で無邪気に

ブランコに乗ることで、一人の不安定な女の子の

少しだけ気持ちを落ち着けることができるので

あれば、そっとしておくことも大事なのかも

しれないと思いました。


もちろん、どちらが本人にとって良い事なのか

他人には想像でしか分かりませんが。


それ以来、その公園で女の子がブランコに

のっているのを見ることはなくなりました。


ちなみに私は、酔ってしまうのでブランコには

小さい頃からのることができません。

 

コメント (2)

ishi:

飯島さん
こんにちは。
飯島さんの素直な目線(失礼な言い方になっていないと良いのですが)に反応してコメントいたしました。
今の時代は本当に必要な事が解りにくくなっているのかと思います。
おっしゃるようにあるいは少女に必要なことだったかもしれないですが、警官の対応が適切であったとは思いにくいです。
もし、その警官達が制服でなかったら飯島さんが警察に電話していたことでしょう。
考えさせられ、読み返すと同時に
深くうなずく記事でした。

iijima:

ishiさま、コメントありがとうございます。
人の気持ちは複雑で難しいものですよね。
ほんとうは声をかけてほしいのに、つい人に素っ気ない態度を取ってしまったりするのは、思春期でなくてもよくあることです。また、自分の価値観を人に押し付けることは、時に暴力的な苦痛を相手にあたえてしまいます。
一番大切なのは、人の尊厳を大切にしながら、接するということなんでしょうが、いつもそれを保つのは、簡単なことではないですよね。

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。