« 片思いが実る時 | メイン | Brass Plate & Brass Pen »

Song of the Week

20130226.jpg


昨年7月にトラベラーズファクトリーでライブを
してくれた山田稔明さんのブログで、定期的に
アップされているSong of the Weekという記事
が最近の楽しみのひとつ。
山田さんが毎回好きな曲を1曲とりあげて
弾き語りでカバー。その演奏をブログ上で
聴くことができます。同時にその曲の思い出や
考察を、訳詩とともに掲載しています。

ぼくは、もともとカバー曲が好き。
カバー曲って、聴き込んだ曲でも新たな一面を
発見できたり、忘れかけていた魅力を
思い出したりすることができるんですよね。

Song of The Weekで取り上げられている曲は、
たまたまぼくが好きな曲ばかりで、その曲に
対する山田さんの愛情と敬意がたっぷり感じ
られるのも嬉しくなります。

ここで紹介されている直近の3曲は、
ブルース・スプリングスティーン、U2、
スザンヌ・ヴェガがそれぞれ80年代にリリース
した曲で、どれもぼくが高校生の頃に何度も
聴いていた思い出深いアルバムに収められた曲。
最近すっかりご無沙汰となっていたこれらの
アルバムを久しぶりに通して聴きながら、
その頃の気分を思い出してしまいました。

スプリングスティーンの「BORN IN THE USA」
は、当時の大ヒットアルバム。そのなかで
山田さんがピックアップしたI'm going downは
ほとんど忘れかけていた目立たない曲ですが、
その後いくつかの恋愛を経験した今あらためて
歌詞と照らし合わせて聴くと、恋愛中の男の
なさけない苦悩に共感できて心に響きます。
スプリングスティーンは、やり切れない日常の
中でもがく、どこか冴えない男の歌がいいんだ
よなあ。

U2の「The Joshua Tree」もインディーバンドが
メジャーバンドに出世した大ヒットアルバムで
確かCDプレイヤーを買った直後に手に入れたCD
ということもあってかなり聴きこんだ記憶が
あります。ロック通を気取っている友人は、
U2は初期の方が良いなあと言っていたけど、
ぼくは激しさを内に秘めたようなこのアルバムが
一番好き。

ショートカットが印象的だった当時の
スザンヌ・ヴェガは、透明感とはかなさを感じる
どこか内省的雰囲気が魅力的で、女の子とうまく
コミュニケートできなかった高校時代のぼくに
とっては、理想の女性像でした。

これらの音楽を聴きながら、うまく自分を
表現できず、ありたい理想の自分と現実の
自分に大きなギャップがあった高校生の頃の
自分に向かいあう旅を楽しんでみたり、同時に
忘れかけていた曲の魅力をまた思い出したり
しています。

そして、もうひとつの楽しみは、これらの
アーティストからの影響や想いを想像しながら、
山田さんのCDを聴きなおすこと。
hanaleeの歌詞にある、屋上の秘密基地で活字を
追いながら心を旅をしていたときに、聴いていた
音楽は、この曲かな、なんて想像をしてみると、
よりリアルに情景が浮かんできます。

ずっと品切れしていた2枚の山田さんのソロ
アルバムが再リリースしたようなので、興味が
ある方はこちらをご覧ください。
それぞれ家路と旅路をテーマにした、ちょっと
切なくて、温かい素敵な音楽です。

そして、山田さんが今制作中のあたらしい
アルバムもとても楽しみ。
またトラベラーズファクトリーで歌声を
聴きたいなあ。



コメント (2)

mastermind:

音楽って素晴らしいですよね!
チェックされてる曲、聴いてみます!

iijima:

mastermindさん、コメントありがとうございます。
はい。音楽って素晴らしいです。ぜひいろいろ聴いてみてください。ありがとうございます。

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。