« Coming Soon! | メイン | Come in, WE'RE OPEN. »

成田空港へ行こう

20140707a.jpg

パッケージを開けたばかりのまっさらな
トラベラーズノート。ゴムにお気に入りの
チャームやビーズを付けて、リフィルの表紙に
お気に入りのステッカーや切手、チケットなど
を貼っていく。
そうやってカスタマイズしていくことで、
トラベラーズノートがどんどん自分仕様になり
愛着が湧いてくる。

トラベラーズファクトリー エアポート作りが
いよいよ終盤にさしかかってきて、だんだんと
完成に近付くなかで、ぼくらはトラベラーズ
ノートをカスタマイズしている時の高揚感と
同じワクワクした想いを感じていました。
チャームを付けるように、壁に香港の自転車を
取り付け、ビーズを付けるように地球儀を吊るす。
さらにそこからは船が飛び立つ。
表紙にステッカーを貼るように、手描きの看板や
フレームを取り付ける。

ポートランドや香港、チェンマイなど世界中から
集めてきた使い込まれた古い道具に、好きな本や
レコードを飾っていく。そして、柱にぼくらの
トレードマークを描きこむ。
そうやってぼくら仕様にカスタマイズした空間に、
トラベラーズノートをはじめ、旅の道具となる
プロダクトたちを並べていく。

ふと手を止めて、あらためてその空間を眺め
かっこいいなあ〜とか、いいなあ〜と何度も
つぶやいてしまうのです。

正直に言うと、今回はいろいろなお店が集まる
モールでの出店で、さらに空港ならでは様々な
規制もあったりして、ぼくらの思い描く空間が
作れるか不安があったのですが、出来上がって
みれば、もうトラベラーズファクトリーとしか
言いようのない、最高の空間となりそうです。
大将はじめ、Tさん、Kさん、ぼくらに声を
かけてくれこの機会を作ってくれたAさん、
素晴らしい模型を提供してくれたYさん、
ありがとうございます!

夜、その日の作業を終えて、もう人がほとんど
いない成田空港のチェックインカウンターを
眺めながら、飛行機に乗る訳でもないのに、
旅のはじまりを予感し胸が高まってくるのを
感じました。

トラベラーズノートという1冊のノートから
はじまったぼくらの旅。そこにあたらしい1冊
のリフィルが加わります。カスタマイズは
間もなく終ります。
そして、この場に足を運んでくれる旅人たち
とともに、まだ真っ白なページにどんな言葉が
書き込まれ、どんな絵が描かれ、何が貼られて
いくのか、今はそれが楽しみでしょうがない
のです。

7月8日、トラベラーズファクトリー エアポート
のあたらしい旅がはじまります。
成田空港をご利用する予定がある方はもちろん
その予定がない方も、ぜひ遊びに来てください。

世界中から旅人たちが集まる場で、世界中に
飛び立つ飛行機を眺め、そして、トラベラーズ
ファクトリーに足を運び、ひとときの旅気分を
味わっていただけたら嬉しいです。
こちらのバスでしたら東京駅から片道900円で
行くこともできます。
HAVE A NICE TRIP!

20140707d.jpg

コメント (5)

waco:

オープンおめでとうございます。
早くいきたくてうずうずしております。

オークションサイトでは、早速転売目的で買われた方々が競って出品されていて少々悲しくなります。
先着順のコットンバッグもあったりしていらないなら初めからもらわないでよって思わずにいられません。。
わたしが行ける時にはもう頂けないんだろうなぁと思ってしまって。。
遠方で買いに行けない方にはいいのかもしれませんが、ファクトリーfanとしては明らかな転売を目の当たりにすると悲しかったりします。

オープンを素直に喜びたいのに、愚痴ってしまってすみません!
あ~わたしも早くいきたいです!!!
その時を楽しみにしております。

Hide:

あらら・・・どこにでも転売する人っているんですね〜。
私もまだ成田空港のお店にはお邪魔していませんが、まあ、僕の場合オマケ最初にありきでお邪魔する訳ではないですけど(笑)、
もし、そのオマケが頂けなかったとしても、それはそれで盛況だという証なのでよかったなと思えます。
でも、それは一方で転売が行われてなかったとしてですけどね。

チームトラベラーズの方々が尽力して作った感謝の気持ちをお金に換えるという感覚は僕にはちょっと理解できないですね〜。
それもただ譲るのではなく競りに掛けて高い値段を提示した人に売るなんて・・・ねぇ?
自分のものをどうしようが自由だというお考えもあるかもしれませんけど・・・ねぇ?
売るほうがいるから買うほうがいるのか、買うほうがいるから売るほうがいるのか・・・。
手にしたらきっと大事になさるであろうwacoさんがいらしたときに、ちゃんとwacoさんの手に渡るといいなと思いました。
いつもより長く、そして(笑)が少ないコメントで恐縮です。
飯島さん、お答えが難しいコメントでごめんなさい(笑)。

iijima:

wacoさん、Hideさん、コメントありがとうございます。

中目黒もエアポートも、そのお店を作るときに大切にしたいと考えたのは、その場でしか体験できないことや、感じることのできないことでした。なぜならそれこそ私たちが旅にでる理由だからです。その場に行くからこそ、出会える風景や経験、人。そしてお土産や記念になるものもやはりそこでしか手に入らないものが欲しいです。
ただ、そうは言っても簡単に足を運ぶことが出来ない方もいらっしゃるし、転売などで不当に高値を付けられることは私たちとしても望むことでありません。
今回は、エアポート限定商品を作りましたが、一時的な限定商品ではなくできる限り長くエアポート店で販売していきたいと考えています。そして、いつか行く機会があったときには、手に入れていただければと考えています。

私たちの独りよがりな考えかも知れませんが、トラベラーズノートやトラベラーズファクトリーがきっかけで、あたらしい旅をはじめていただくことが私たちにとって何よりも嬉しいことです。
そのことをご理解いただいているwacoさん、Hideさんのコメントを嬉しく思うと同時に、違うご意見もたくさんあるとは思います。
日々悩みながら、トラベラーズらしいやり方を模索しています。
時にはご迷惑をおかけしてしまうこともあるかもしれませんが、これからもわくわくするようなモノ作りをしていくようがんばりますのでよろしくお願いします。
そして、エアポートは小さいお店ですが、トラベラーズらしい良いお店ができたと思っています。機会がありましたらぜひ足を運んでいただき、その空間を体感していただけたら嬉しいです。

あ:

横からすみません。

>中目黒もエアポートも、そのお店を作るときに大切にしたいと考えたのは、その場でしか体験できないことや、感じることのできないことでした。なぜならそれこそ私たちが旅にでる理由だからです。その場に行くからこそ、出会える風景や経験、人。そしてお土産や記念になるものもやはりそこでしか手に入らないものが欲しいです。

なかなか手に入らないのは悔しいですが、私はこのような考え方に賛同します。
これからもトラベラーズファクトリーさんを応援します。

iijima:

あ、さんへ
コメントありがとうございます。
私たちとしても安直に限定商品を増やすことなく、そこにある意味を考えながら販売をしていきたいと思っています。
今後もよろしくお願いします。

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。