« TRIP to NRT | メイン | Global Gathering »

Good Feel, Good Style.

20150629a.jpg


出張で新潟の長岡に行くことになり、ならばと
前々から行きたいと思っていたG.F.G.S.さん
に、お邪魔させていただきました。

G.F.G.S.は、色の組み合わせや幅の太さを
自分で選んだオリジナルのボーダーカットソーを
作ることができるブランドで、新潟県加茂市に
拠点があります。

今年2月にトラベラーズファクトリーで受注会を
開催した際、地場産業でもある近隣のニットの
生産者たちを繋げて、独自のものづくりの仕組み
を作っているのを聞き、現場を見みてみたいと
思っていました。

長岡から信越本線に乗り換えて30分ほどで加茂駅
に着くと、小柳さんが以前会った時と同じ金髪と
笑顔で待っていてくれました。
そのまま商店街を歩くと、パン屋さんの2階に
G.F.G.S.さんのラボがありました。
ラボは、ショールーム兼オフィス兼工房であり、
通常は企画やデザイン、ミシンを使っての縫製、
検品や出荷が行われ、さらに土曜にはショップ
として開放している、まさに彼らの拠点となって
いる場所。

中に入ると、色とりどりのボーダーカットソーと
あわせて、ぐっとくるセレクトの本や写真集、
CD、ポスターなどがさりげなく置かれ、壁には、
アーティスティックなペイントやロック
ミュージックから引用された言葉を散りばめた
グラフィックが描かれています。
イベントの時にもお会いしたスタッフも温かく
迎えてくれて、わくわくしながら本や写真集を
手に取りながら、はじめて足を踏み入れた場所
なのに、とても居心地の良さを感じました。

その後、小柳さんの案内のもと、編み立て、
生地の網目を整える整理、さらにイベントで
オリジナルのワッペンを作ってくれた刺繍を
行う工場を見学させてもらいました。
それらはそれぞれの工程に特化し、独自の技術
を持つ工場で、職人さんと密接に繋がり、
その技を活かし、そこにG.F.G.S.ならではの
大胆なアイデアを加えることで、世界に通用する
あたらしいメイドインジャパンのものづくりを
加茂から行っていく。
まさにこれからの日本のものづくりの在り方を
示してもらったような気がしました。

そして、夜には加茂の居酒屋でG.F.G.Sさん
チームとトラベラーズチームとで打ち合わせと
称し、お酒を飲んで美味しいものを食べながら
楽しく語り合いました。
話せば話すほどに、その趣味嗜好に近いものを
感じ、次のイベントの日程から夢みたいな計画
まで盛り上がりながら話をしました。
メールや電話ではこんな風にはならないし、
やっぱり旅をして会いに行くのがいいですね。

加茂ならではニットの技術は、トラベラーズ
で言うとデザインフィルが長年培ってきた紙に
対するノウハウなのかもしれません。
そして、なによりも大事なのは作り手の強い思い
やアイデアで、先人が培ってきた歴史に敬意を払い
ながら、自分たちの好きな世界をより深く自分たち
らしいやり方で表現していこうとやってきた形が、
G.F.G.Sであり、トラベラーズノートなのかも
しれない。そんなことを思いながら、新幹線で
東京に戻りました。
新潟の加茂、きっとまたこの土地を旅すること
になるんだろうな。

20150629c.jpg

20150629b.jpg

20150629d.jpg

コメントを投稿

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。